hiroshi403 のすべての投稿

日本史/世界史の勉強法

1.個人的な体験談
元々私は国立大学の法学部志望でしたので、社会はセンター試験対策しかしていません。記念受験した慶應(商)に運良く合格することができましたが、センター試験以後は国立2次試験科目の数・英ばかりを勉強して、世界史の慶應対策はまったくしませんでした。慶應に合格できたのは数・英で点数が稼げたからだと思いますが、世界史にもそこそこ手ごたえを感じました。受験時代から20年以上経っていますので、現在の南山対策に役立つかわかりませんが読み物として参考程度にしてください。

2.世界史を選択した理由
今考えても、なぜ世界史を選択したのかは明確に思い出せません。私の母校では2年生から世界史と日本史を学ぶのですが、どちらも定期テスト前以外は勉強せず、なんとか赤点を免れているといった状態でした。その中で世界史を選んだのは、たまたま読んだ合格体験記で『世界史はセンターで高得点が狙える』という言葉に影響されたのではないかと思います。慶應を受けるとは思ってもいなかったので「早慶の世界史はマニアックな問題が出るんだろうな」と他人事のように考えていました。

3.使用した教材と使用法
世界史を選択することに決めたものの、どのように勉強すればいいか決めかねていました。そんなとき出会ったのが和田秀樹氏の『受験は要領例えば、数学は解かずに解答を暗記せよ』という本です。そこには「世界史は山川の教科書をマスターしろ」と書かれていたので、教科書を勉強の中心にすることにしました。
■メイン教材■
教科書(山川出版社)

世界史の基本書ともいえる存在

和田秀樹氏の言葉を信じて教科書のマスターに最も力を入れました。後述する世界史総合テストを解く前に出題範囲を2度読み、問題を解いたあと、もう1度読み返しました。模試や過去問の復習では1つ1つの選択肢について教科書の索引を用いて該当箇所を調べ、なぜ正解なのか、なぜ誤りなのかを確認しました。何度も読んでいると飽きてくるので、ヨーロッパ史や東アジア史など地域別に通しで読んだり、文化史だけを通しで読んだり、資料の図や写真だけを読んだりと変化をつけました。入試では口絵のカラー写真も出題されるので、ここも時々眺めました。とにかく教科書本文だけでなく、写真や資料まで全てをマスターするつもりで読み込みました。

世界史総合テスト(山川出版社)
 
まずは「教科書⇔世界史総合テスト」の繰り返し。
問題集は何を選んで良いか分からなかったので学校で購入したものを利用することにしました。それがこの世界史総合テストです。1テーマ当たりの出題範囲が教科書約30ページぶんぐらいなので、教科書に書かれた重要項目を学ぶのに効率が良かったです。書きこみ式になっていたので、1度解いたあと消しゴムで消して3回ぐらいやりました。3回と聞くとしんどそうですが、1度やったものは2回目、3回目は楽にこなせるので、新たな問題集をやるよりも苦にはなりませんでした。1問1答式の問題集も持っていましたが、まったく使いませんでした。単語帳で例えれば、1問1答式は1語1意のターゲット(旺文社)世界史総合テストは文脈で覚える速読英単語(Z会)といった感じでしょうか。私には世界史用語を文章題の空欄を埋める形で覚えることが合っていたみたいです。要は重要な語句を覚えればいいのですから、自分に合った方法を選べば良いのだと思います。

センター試験への道(山川出版社)

正解だけでなく,誤りの選択肢も教科書で確認しました。
教科書を一通り終えたらセンター対策にとりかかりました。私が利用した問題集は絶版になっているみたいなので、同様の編集方針で作られているこちらを紹介しておきます。
この問題集はセンター試験の過去問が時代別、地域別に編集されているので出題範囲を教科書で読んだあと解いていくと良いでしょう。答え合わせをするときは正解の選択肢だけでなく、誤りの選択肢はどこが間違いなのかをすべて教科書で確認していきます。

マーク式総合問題集世界史(河合塾)
全統マーク模試/センター試験プレテスト(河合塾)

全ての選択肢を教科書に戻って検討しました。
教科書順に並んだ問題集を終えたら総合問題を解く練習を始めます。まずは、今までに受けたマーク式模試を復習します。『センター試験への道』の時と同様に、正解の選択肢だけでなく誤りの選択肢についても「なぜ誤りなのか?」を教科書で調べあげます。この作業は南山の過去問に取り組むときも同じです。模試を受けるたびこの復習を繰り返していきます。
模試の復習だけでは演習量が足りないので、私は河合塾から発売されているマーク式総合問題集も利用しました。やり方は模試の復習と同じです。これに加えてセンター試験の過去問を解けば、センター試験は9割以上安定して取れるのではないかと思います。

■サブ教材■
世界史用語集(山川出版社)
世界史資料集(山川出版社)
 
問題集を解いていて、教科書に記載のない用語や地名を調べるときにのみ使っていました。ただし、資料や地図を軽視しているのではなく、教科書に載っている資料や地図は読み返すたび何度も目を通すよう心がけました。

4.なんで私が慶應に!?
私が受験した当時、慶應の商学部は受験科目が英語・数学・日本史/世界史でした。当時の私の偏差値は、河合塾の記述式模試で英語67、数学65ぐらいでした。世界史はマーク式模試で9割以上取れていて自信はあったものの、自分が慶應に合格できるとは思えず自信を失うのが怖くて赤本の問題も一切解きませんでした。
そんな私が合格できた要因を世界史に関して自己分析すると、図や資料を含めて教科書を徹底的に読み込んだからではないかと思います。慶應の商学部は国立大学の併願で受験する生徒が多かったので世界史のレベルが低かったということもあるでしょう。
とにかく和田秀樹氏の言葉を信じて教科書と心中するつもりで世界史に取り組んだことが功を奏しました。

5.南山の日本史/世界史に向けて
私は南山の日本史/世界史の問題について細かい分析も知識も持ち合わせていません。無責任な言動で皆さんを誤った方向へ導かないよう厳に戒めつつ今回の記事を書きました。
南山の日本史/世界史には難問も出題されると聞きますが、それでもまずは「教科書に載っている知識で解けないか?」ということにこだわって欲しいと思います。4つの選択肢のうち3つが教科書に載っている事柄ならば消去法で残りの正誤もつけられます。すべての設問に必要な知識を用意しようとすると日本史/世界史だけで膨大な時間が必要になってしまいます。南山対策は用語集や分厚い参考書を隅から隅まで暗記するのではなく、過去問を手に入るだけ解くことで大丈夫なのではないでしょうか。
  
志望校対策は「センター対策+過去問⇔教科書」で!!

総合英語参考書の例文音声を活用しよう

1. 本棚で眠っている参考書を活用しよう

この春から本格的に受験勉強を始めようとしている皆さんにお勧めしたいのは、短い英文をたくさん覚えることです。その中でも特にオススメなのは、総合英語参考書の例文を覚えていくことです丸暗記ではないです)。
皆さんは高校に入学したとき購入したフォレストやビジョンクエストといった文法書を活用していますか?うまく活用できなくて本棚の中に眠らせてはいませんか?だとしたら、とても勿体ない話です。これを活用することで、英語を読む・聞く・書く・話す力を向上させることができるのです。

2. 丸暗記しなくても大丈夫
例文の数はおよそ1000ありますが、これらを丸暗記する必要はありません。音声を活用して英語の「読む・聞く・書く・話す」力の基礎を身につけるのがここでの目標です。

3.ビジョンクエストの例文音声利用法
  
1. 基本例文集を見ながら発音を真似る
ビジョンクエストの例文音声は,
日本語空白→②英語(ゆっくり)→③英語(早い)
という順番で吹き込まれています。まずは付属の基本例文集を見ながら英語の発音を真似ながら読んでいきましょう。単語と単語のつながり、区切り、アクセントなどできるだけ音声を忠実に再現できるよう努力してください。1章終えるのに約10分ですので、30分で2、3回ぐらい繰り返します。発音の上達が実感できるようになると、音読学習が楽しくなってきます。

2. 例文集を見ないで英語の音声を繰り返す[リピーティング]
次に例文集を見ずに英文を聞き取り、声に出して英文を再現してみましょう。聞きとれない場合は基本例文集や本文に戻って、理由を考えてみます。
前後の単語がつながって1つの単語のように聞こえてしまったのか、強勢が弱くて聞こえなかったのか、音が脱落しているのか、いろいろな原因がありますが、この原因を個別につぶしていくことがリスニング力を高めてくれます。

3. 日本語音声を聞いて瞬間的に英作文をしてみる[瞬間英作文]
日本語音声が朗読されたあと、瞬間的に英文を組み立て、発声してみましょう。この練習が例文学習法のメインになります。始めのうちは構文が浮かばなかったり、時制や単複など間違ってばかりかも知れませんが、練習なので気にしなくて大丈夫です。少しずつ精度を上げていけばいいのです。間違いをおそれずこの練習を繰り返せば、あなたの文法運用力、作文力、スピーキング力の基礎は確かなものになるでしょう。

4. 『ながら学習』の時間を作ろう
瞬間英作文は携帯音楽プレーヤーがあればどこでもできます。机に座らなくてもできるので、いろんな時間を活用しましょう。私は、寝床の中で寝る前に5分(タイマーをかけて)瞬間英作文をしています。睡眠を妨げないよう音量を落とすことで敢えて聞き取りにくい状況を作り出しています。
就寝時以外では入浴時にもBluetooth対応の防水スピーカーを使ってリピーティングや瞬間英作文を行っています。さすがにシャワーを使うときは聞こえづらいですが、どうせ何もしていない時間なのだからと気楽に英語学習しています。このようなすきま時間を使って『ながら学習』時間を1日10分作れば、1か月で5時間にもなります

5. まとめ
フォレストやビジョンクエストといった総合英語の参考書は辞書的に使うというのが定番の使用法ですが、そこで扱われる例文は英語学習の基本となる重要なものばかりです。逆に言えば, これらの例文表現を自由自在に操ることができれば、英語の基本は大丈夫ということです。ここに紹介した学習法以外にも自分なりのアレンジを加えて, 基本例文を活用してください。『継続は力なり』です。

単語帳について

1. 好きなものを選べば大丈夫。
  
今回は単語帳についてです。ここではセンター試験と南山合格を目標にした単語帳の選び方、使い方を考えてみたいと思います。
受験生が語彙不足を実感するのは恐らく長文読解問題に取り組んだ時だと思います。教科書だけで単語を学んだ場合の語彙が約3000語ですので、MARCHレベルの長文で要求される約4000語の語彙レベルには約1000語足りません。この溝を埋めるための方法の1つが単語帳です(唯一絶対の方法ではありません)。
文法/語法問題集と同じく、基本的に好きなものを選べば良いでしょう。ただし、いきなりターゲット1900システム英単語、キクタンAdvanced6000など上級レベルのものに取り組むのはやめたほうが無難です。これらに載っている単語の1/4~1/3は南山英語の語彙レベルを超えています。南山大学の長文読解を目標にした場合は費用対効果が低いので私はおすすめしませんが、周囲と同じ参考書に取り組むことで得られる安心感は本番での自信に繋がるので、既に取り組んでいる場合はそのまま信じて使いこみましょう。

2. まずは基本単語を固めよう

受験生の間で当たり前になりつつありますが、まずは中学学習語を含む単語帳から始めましょう。本屋さんでパラパラ捲ってみると知っている単語ばかりで退屈かもしれませんが、このレベルの単語の発音アクセント問題はセンター試験では頻出です。また, リスニング問題では、このレベルの単語を使った文を聞きとる問題がほとんどです。
基本的な単語の発音・アクセントをあやふやなままで音読学習を進めていくよりも、初期の段階で基本単語の正しい発音・アクセントを習得しておきましょう。このレベルでは本を開いて勉強するよりも、お風呂や寝る前のながら学習での反復をお勧めします。

3. センターレベルの単語帳をメインに使おう

センター試験・南山大学の長文対策で最もコアになるのはこのレベルの単語帳です。これらを仕上げても本番で未知の単語は現れますが、上級のものに手を出すよりは過去問や長文問題集に出てきたものをその都度覚えていくことをお勧めします。保険のために上級レベルの単語帳に取り組むよりも、志望校の長文問題を解くことに時間を使いましょう。難しい単語を10個覚えても、それらが本番に出題されなければ長文読解スピードは1秒も上がりません上級レベルの単語になればなるほど、南山入試での出題率は下がりますセンターレベルの単語は見出し語に限らず派生語類義語対義語なども含めてすべてが重要です。

4. 例文や短いフレーズでの語法にも目を配ろう
単語1つに対して訳語を覚えたら、例文や短いフレーズでの使われ方にも注目しましょう。南山の文法/語法問題対策では、どのような語法を持っているかを確認しておくことが大事です

5. 色んなやり方で繰り返そう
単語帳を勉強する時「見出し語→訳→例文」と漫然と読んでいくのでは単調で飽きてしまいます。私の受験生時代と違って、現在は音声やアプリなど補助教材が充実しているので、是非活用しましょう。飽きずに同じ単語帳を繰り返すには、1周目、2周目と回数を重ねるごとにやり方を変えることをお勧めします

教科書こそが最高の音読教材

1. 音読学習に適した教材とは?
  
英語学習における音読の重要性は改めて説明するまでもありませんが、教材選びは慎重に行いたいものです。最近ではネイティブによる音読CD付きの参考書も多く出版され、書店ではどれを選んでよいものか悩んでしまいます。
先輩が勧めるもの、サイトのレビューで評価の高いもの、いったいどれが音読学習に適した教材でしょうか?
今回、私が勧める教材はズバリ、高校の教科書コミュケーション英語Ⅲです。

2.教科書の音読を勧める4つの理由
理由①「分からないところはすぐに質問できる」
音読学習の教材選びで重要なことは、自分が英文の構造や内容を理解しているものを選ぶことです。この点において教科書はうってつけの教材です。文法や構文は先生が解説してくれますし、授業を聞いていれば訳も自然と頭に入ってきます。どうしても理解できない部分は先生や英語の得意な友人に質問すればよいでしょう。

理由②「信頼性が高く、高校英語の課程で習得すべき文法や構文を網羅している」
教科書を1冊作るのには膨大な時間と手間がかかっています。教科書の著作者欄を見れば、多くの大学教授や高校の先生方の労によって1冊の教科書が作られていることがわかります。英語教育のプロ達やネイティブによって何重にもチェックされた英文の信頼性は非常に高いと言えるでしょう。これは、予備校の人気講師が一人で執筆した参考書の比ではありません。
また、3年次で使用するコミュニケーションⅢの教科書は、国公立大・私立大の入試問題を研究して作られています。そのため、高校英語の課程で習得する文法や構文を網羅するべく工夫がなされた編集が行われているのです

理由③「定期試験対策になる」
定期試験は教科書が主な試験範囲ですから、当然といえば当然ですね。

理由④「音読CDが安く手に入る」
 
教科書を販売している出版社は教科書の内容を吹き込んだCDを1000円前後で販売しています。一般書店では入手できませんが, 教科書特約供給所と呼ばれる書店で注文することができます。学校で教科書を販売する機会に尋ねてみましょう。

3.デメリットはあるの?
あります。ただし、そのデメリットを理解し、補う方法を知っていれば問題ありません。
デメリット① 基礎ができていないと本文理解が難しい」
英語の苦手な受験生にとって、学校の授業レベルについていくことはなかなか難しいものです。実際、高校時代の私がそうでした。そのような場合は自分のレベルに合った英文を選びましょう。音読の目的は英語特有のリズムや文章構造を体で覚えることが第1です。コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱや高校受験レベルの長文問題集から始めても構いません。逆に、コミュケーション英語Ⅰでは中学英語も網羅しているので、英語の基礎を固めるにはうってつけです。

デメリット②「語彙レベルが南山受験レベルに足りない」
高校3年間の学習で到達する語彙レベルは約3000語と言われており、MARCHと同等の難易度である南山大学で必要とされる4000語レベルには足りません。しかし、音読の目的は語彙力を増やすことではなく、あくまでも英語を英語の語順で理解するために、英語のリズムや構造を体で覚えることです。語彙数の不足に関しては、単語帳を使えばカバーできるので問題はないでしょう。

4.まとめ
音読学習に使用する教材は, 必ずしも志望校のレベルである必要はありません。何度も繰り返しますが、音読の目的は英語を英語の語順で理解するために、英語のリズムや構造を体で覚えることです。英語に限らず、受験勉強で大切なことは、いろいろな教材に手を広げず、手近にある教材を何度も繰り返すことです。
「どうしても○○大学に合格したい」「受験に失敗したくない」という不安から情報を集め過ぎて疲れてしまう受験生が毎年たくさんいるのです。不確かな情報をネットで集める時間を使って、今日授業で習った英文を10回音読するほうが合格に近づくということを肝に銘じて音読に励んでください。

偏差値を上げる方法

当サイトで『偏差値が上がる』という表現を使用する参考書レビューを批判しましたが, 偏差値が上がるとはどういうことかを皆さんに理解してもらうため, 今回は敢えて『偏差値を上げる方法』という注目を惹くタイトルをつけています。

1.勉強しても模試の偏差値が上がらない最大の理由

毎日こつこつ勉強しても偏差値が上がらない受験生がいます。すると本人は「ひょっとしてこの勉強法は間違っているのかな?」「この参考書で大丈夫かな…」という不安に襲われます。確かにその場合もありますが, 勉強しても偏差値が上がらない最大の原因は『他の受験生も同じように勉強しているから』です

身長を例に考えてみましょう。成長期に入ったA君は中学3年間の間に身長が15cmも伸びました。ところが、卒業式で並ぶと入学式の時とほとんど位置が変わりません。なぜでしょう?そうです。クラスメイトも同じように背が伸びたからです。自分の背が伸びても、クラスメイトが同じようなペースで成長すれば、身長の偏差値は変わりません。模試の偏差値も同じです。自分が勉強している時、他の受験生も似たような参考書を使って、同じように勉強しているからです。勉強しても偏差値が上がらないのは, あなたの学力が伸びていないのではなく、みんなの学力が同じようなペースで伸びているからです

それでも, 南山志望者の中から抜け出して合格するには受験生の中で偏差値を上げなければなりません。いったいどのようにすれば偏差値を上げることができるのでしょうか?
 
自分が勉強しているとき, ライバルも同じように勉強している→英語力が伸びても偏差値は上がらない

2.偏差値を上げる2つの戦略
偏差値を上げるには周りの受験生と同じことをしていては駄目です。偏差値を上げるには他の受験生に対して学力の伸びる速度を加速させなければなりません。それには2つの戦略があります。

他の受験生と違う教材で勉強する
他の受験生と同じ教材を使ってより長く勉強する

①他の受験生と違う教材で勉強する
これはライバルが使っている参考書より優れたものを使えば合格に近づくという考え方です。しかし, そのような問題集を探し出すのは至難の業です。受験勉強の方法に関して情報収集を始めたらきりがありません。
そこで私が薦めるものは『重要な教材であるにも関わらず, 多くの受験生が軽視している教材』です。既に述べましたが、コミュニケーション英語Ⅲの教科書音読と、総合英語参考書の例文暗記&瞬間英作文がそれです
音読学習と例文暗記は昔からある勉強法ですが、注意したいのは徹底的にやること』です。同じ文章を最低でも10回。できたら30回は音読します。音読に飽きたらCDを聞き流します。これはお風呂場や眠りに就くときでもできます。とにかく、飽きるまでやる。飽きたらやり方を変えて再び飽きるまでしつこく繰り返すことです。
教科書の音読は英文解釈と速読即解の基礎を固めます。例文暗記は文法運用力やリスニング能力・スピーキング力、そしてライティングの基礎を鍛えます。最近では音読学習を重視するようになってきて、英文朗読CD付きの長文問題集も増えていますが、当サイトでは入試問題の寄せ集めた問題集よりも、信頼性、網羅性の観点から教科書の音読を薦めます
  
教科書の音読と総合英語の例文暗記。勉強法を知っていても徹底的にやる人は少ない。

②他の受験生と同じ教材を使ってより長く勉強する
皆さんはすでに南山大学の合格者がどのような参考書を使用したか情報を持っているはずです。それは他の受験生も同じです。だとしたら、特別な才能を持たず、帰国子女でもない受験生が英語で抜きんでるためには、より長く勉強し、参考書に書かれた内容をライバルよりも多く自分のものにするしかありません。それには机に座って勉強する時間だけでは足りません。例文暗記や単語のCDを聞くなら、どんな場所でもできるはずです。お風呂や歯を磨くときなどに、ただ流しておくだけでもいいです。ふとした瞬間に「accomplish…を成し遂げる」などと1ワードでも耳に止まれば, 記憶力を確実なものにしてくれます。CDを流していなければ何も変わりません。英語力は細かい努力の積み重ねです。

3.長時間勉強してもストレスを感じない勉強法
長時間の勉強では息が詰まってしまいそうですが、私の勧める勉強法を実践すると使う教材が少ないので、勉強時間は長くてもストレスはそれほど溜まりません。夢中で音読しているうちにあっという間に深夜の2時、3時になり「もう寝る時間か~」とiPhoneのタイマーをセットして例文CDを流しながら眠りに就くことになると思います。
『使う教材は極力少なく、しかし勉強時間は極力長く』が基本です。私が受験生時代にメインで使った参考書は単語帳1冊、文法/語法問題集1冊、長文問題集1冊です。この3冊と心中する覚悟で毎日取り組んでいました。ボロボロになるまで使い込んだ本は今でも手元に残してあります。合格者にはこのように相棒とも呼べる参考書が各教科にあるものです
ここで、アドバイスをもう1つ。同じ参考書を繰り返すときは1周目と2周目、3周目でやり方を変えましょう。インプットの方法を変えることで記憶の定着率が高まります
  
筆者が26年前, 慶應(商)合格時に使用した参考書。これ以外にNHKラジオ英語会話を毎日録音して聞いていました。