「南山大学」タグアーカイブ

第26講 頻出論点⑪前置詞

誤り指摘問題の頻出論点(5)
前置詞

この論点は前置詞単独や前置詞を含んだ句に下線が施されている場合を指します。文法/語法問題ゼミの前置詞の項でも解説しましたが、前置詞が絡む問題では2つのパターンが考えられます。

1つは、①熟語やイディオムを構成する前置詞を問われている場合で、もう1つは、②文脈に合う前置詞を問われている場合です。

前置詞論点2つのパターン
熟語やイディオムを構成する前置詞を選ばせる問題か?
文脈に合う前置詞を選ばせる問題か?

以下の設問を参照してください。4箇所の下線部のうち、前置詞に関連する下線部が3つあります(下線部(A), (B), (D))

[例題1]2016人文学部(キリスト教学科・人類文化学科)・経済学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
Steve Jobs is (A)known by completely changing the landscape of the computer industry. (B)Through his company, Apple, he revolutionized (C)the way people think about computers and how they (D)fit into people’s daily lives.
(訳)スティーブ=ジョブズは、コンピューター業界の風景を大きく変えたことで知られている。彼の会社、アップル社を通じて、人々のコンピューターについての考え方や、コンピューターの日常生活への適合の方法を革命的に変えたのだ。
[解答] (A)known by→正known for
[解説] 本問では前置詞を含む部分3か所(青文字)に下線部が引かれています。
下線部(A), (B)は文脈の意味に合う前置詞が使われているかを判断します
それに対して下線部(D)はfit into Aという熟語を構成する前置詞intoが適切か判断します

それでは2017年の問題を使って解説していきましょう。

1.熟語やイディオムを構成する前置詞
下線部に前置詞が含まれる場合、まずは熟語やイディオムを構成する前置詞として正しいものが使われているかどうかを前後関係から検討します。

[例題2]2017経済学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
Our teachers give us a lot of (A)homework, and we have to (B)devote so much time (C)for completing it. It is hard to solve mathematics questions, so we (D)had better work together.
(訳)先生方は私たちにたくさんの宿題を出すので、私たちはそれを仕上げるのに多くの時間を割かなくてはなりません。数学の問題が難しいので、私たちは協力して取り組んだほうがいいだろう。

本問では頻出の論点が2つ含まれています。1つは(A)homeworkで、これは頻出論点(1)で扱った不可算名詞です。

もう1つが今回のメインテーマである前置詞(C)for completingがそれに当たります。
下線部に前置詞が含まれていたら、まずは熟語やイディオムを構成する前置詞の可能性を考えましょう。ここでは直前にdevote(~をささげる)という動詞があります。このことから「動詞devoteの語法に関する正しい前置詞は何か?」という視点で前置詞forのの適否を考えます。

Our teachers give us a lot of (A)homework, and we have to (B)devote so much time (C)for completing it.
(先生方は私たちにたくさんの宿題を出すので、私たちはそれを仕上げるのに多くの時間を割かなくてはなりません)

下線部(A)homework不可算名詞ですからa lot of(たくさんの~)といった数・量を表す形容詞で修飾されても複数形にはなりません。よって、下線部(A)はhomeworkのままで正しい表現です。
続いて、後半を検討しましょう。

… we have to (B)devote so much time (C)for completing it.
(私たちはそれを仕上げるのに多くの時間を割かなくてはなりません)

(C)for completingは動詞devoteによって作られる動詞句の一部を構成しています。動詞devoteについては以下の語法が重要です。

devote A to B「A(時間・努力・金)をB(人・仕事・目的など)に捧げる充てる向ける」

下線部(C)ではfor completingとなっているので、この前置詞forが誤りで、正しくはtoとなります。よって正解は(C)です。

[誤り訂正後]
… we have to devote so much time to completing it.
(私たちはそれを仕上げるのに多くの時間を割かなくてはなりません)

2.前置詞のもつ意味が文脈に合っているか?
前置詞が熟語やイディオムの一部ではない場合は、文脈に合った意味をもつ前置詞かどうかが問われていると考えます。

[例題3]2017経済学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
A : How (A)frequently does the bus run to the airport?
B : It usually runs (B)every 15 minutes. But (C)in weekends, it runs (D)less often.
(訳)A「空港行きのバスはどれくらいの頻度で運行されていますか?」
    B「通常は15分間隔です。しかし、週末には少し本数が減ります」

本問には入試頻出事項を多く含んでいますが、前置詞が論点となるのは1箇所(C)in weekendsのみです。この文を抜き出してみます。

But (C)in weekends, it runs (D)less often.
(しかし、週末には少し本数が減ります)

前後にin weekendsを含みそうな語句が見当たらないので、このような場合は前置詞inが文脈に合っているかを判断する方針に変更します。
週末」という特定の日を表す場合はon weekendsもしくはat weekendsとしますので、(C)in weekendsは前置詞inが誤りです。

また、ここでのrunは「走る」ではなく「(乗物が)運行されている」という意味です。
[例] The trains run every ten minutes.
  (列車は10分ごとに出る)

過去問演習

[問題1]2017人文・経営学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち, 一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
Students (A)who have questions (B)regarding the new study abroad program (C)should attend the explanatory session (D)in the next Wednesday afternoon.
[解答] (D)in the next→正on the next
(訳)新しい留学プログラムに関して質問のある学生は今度の水曜午後の説明会に出席した方がよいでしょう。
[解説] 本問は下線部(D)前置詞に関わる問題で、文脈にあった使い方をされているかどうかを検討します。

「今度の水曜日の午後」などのように特定の日の場合はinではなくonを使います。特定のonと覚えておきましょう。
[問題2]2016人文学部(キリスト教学科・人類文化学科)・経済学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
Satoshi (A)had not been interested in rugby (B)at all. However, last Saturday, he went to see a rugby match with his father, and he was immediately (C)attracted with the (D)sport.
[解答] (C)attracted with→正attracted to
(訳)サトシはラグビーに関して全く興味がなかった。しかし先週の土曜日、父親とラグビーの試合を観戦してたちまちそのスポーツの虜になった。

[解説] 本問では下線部(C)前置詞に関わる論点になっています。attractedは過去分詞で、he was (immediately) attractedという受動態であることに注意してください。下線部(C)は動詞句を構成する前置詞がwithで正しいかどうかを判断させる問題です。
他動詞attract(~を[…に]引きつける)の語法で[…に]にあたるものはto …で表されます。よってattracted withは誤りで、正しくはattracted toとなります。
[問題3]2016人文学部(キリスト教学科・人類文化学科)・経済学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
The annual car show will (A)take place in Nagoya (B)over the weekend. A shuttle bus service from the airport to the convention center will (C)be provided with all those who have registered (D)in advance.
[解答] (C)be provided with→正be provided for
(訳)年1回の自動車ショーが週末に渡って名古屋で開催されます。空港から会場行きのシャトルバスサービスが事前登録した全員に対して提供されます。
[解説] 本問は下線(A)~(D)の全てが前置詞に関わる問題です。誤り指摘問題で前置詞がいかに重要視されているかが分かる問題となっています。
(A), (B)は前置詞が文脈に合っているか判断させる問題で、(C), (D)が熟語やイディオムを構成する前置詞が正しいか判断させる問題となっています。
4つの下線部で最も匂うのが(C)be provide withです。なぜなら受動態にすることで、他動詞provide本来の目的語をわかりにくくするという南山英語頻出ののひっかけパターンが使われているからです。これは[問題2]の(C)でも使われている方法です。
provideの語法問題は皆さんも問題集で何度も解いたことでしょう。
provide A with B (AにBを供給する)
provide B for A (BをAに供給する)
設問文のままでは「シャトルバスサービスには事前登録した全員が供給されることになっている」という意味になってしまいます。よって、withforと訂正します。
[問題4]2018人文学部(心理人間学科、日本文化学科)・理工学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
I believe the rent (A)for this apartment is (B)reasonable especially (C)considering the fact that it is (D)close from the station.
[解答] (D)close from→正close to [またnear]
(訳)駅に近いという事実をとりわけ考慮すると、このアパートの家賃はお手頃だと思います。
[解説] 本問では下線部(A), (B), (D)が前置詞に関連する論点になっています。「~に近い」という意味で形容詞closeを用いる場合の前置詞はfromではなくtoを用いますので、close toとするか、前置詞near(~の近くに)と置き換えます。「~に近い」に関するclose to=nearの関係は、文法/語法問題や空欄補充問題でも要注意です。
[例] My house is near[close to] the station.
(私の家は駅の近くです)
下線部(C)の(C)consideringは、ここでは関係代名詞(that)節で修飾された名詞the factが続いているので、前置詞としての正しい用法です。
[語句]considering(前)~を考えると/(接)~であることを考えれば

第23講 頻出論点⑧完了形

誤り指摘問題の頻出論点(2)
完了形
完了形に関する正誤判断で一番多いのが、受動態で表現すべき内容が能動態で書かれている場合です。今回はこの論点を中心に学んでいきます。

能動態→受動態のパターン

 [例題1]2016法学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
It’s noon. The mail (A)should have delivered by now. I (B)wonder why it (C)hasn’t arrived yet. Perhaps there is (D)a problem with the mail today.
(訳)正午です。もう今頃には郵便は届けられているはずなのに。なぜまだ届かないのかしら。ひょっとして今日は郵便に何か問題があるのかも。

 本問では下線部(A)、(C)が完了形です。まずは下線部(A)を含む文を抜き出して検討してみます。

The mail (A)should have delivered by now. 
(郵便は今頃、配達しているはずだ)

主語であるthe mailは他動詞deliverの目的語となるべき配達される側(影響・作用を及ぼされる側)ですから、この文は本来受動態で書かれなければなりません。
よって下線部(A)は誤りです。正しくは下線部(A)を受動態にして、

The mail should have been delivered by now.
(郵便は今頃、配達されているはずだ)

とします。

下線部(C)も完了形です。これは正しい表現ですが、その理由を検討しておきましょう。

I wonder why it (C)hasn’t arrived yet.
(なぜまだ郵便は届かないのかしら)

まず、why節の主語it=the mailということはわかりますか?
下線部(A)の場合と同じくthe mailが主語であるのに能動態のままでOKの理由は、arrive自動詞だからです。自動詞は受動態を作りません。

以上のことから、能動態受動態パターンで気をつけたいのは過去分詞が他動詞の場合です

このパターンは過去に何回も出題されています。いくつか練習してみましょう。

 [例題2]2014法学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
Consumers (A)are becoming more aware of (B)the need for a healthy diet.
Supermarkets now sell more (C)naturally-grown produce, especially vegetables that (D)have produced without chemicals.
[解答] (D)have produced→正have been produced
(訳)消費者は健康的な食事の必要性にますます気づきつつあります。スーパーマーケットでは現在、自然に育てられた生産物、とりわけ化学肥料不使用で作られた野菜を多く売ることが増えています。
[解説] 
選択肢(A)~(C)はどこに誤りがあるのか論点に見当がつきませんが、下線部(D)が頻出論点である完了形ですから、まずはここを詳しく検討する方針で解いていきます。直前のthatは主格の関係代名詞で先行詞vegetablesです。vegetablesは他動詞producedの影響が及ぼされる側ですから、正しくは受動態となるべきです。
 [例題3]2011人文学部(心理人間学科・日本文化学科)
以下の文の下線を付けた語(句)のうち, 一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
When Megumi (A)hung up the phone, she told us that our theater seats (B)had given to someone (C)else but that (D)other seats would be available in a few days.
[解答] (B)had given→正had been given
(訳)メグミは電話を切ってから、私たちの劇場の座席は他の誰かに譲られたが、数日のうちに別の席が用意されるだろうと私たちに告げた。
[解説] 下線部(B)は完了形に引かれているので、まずはここに注目します。主語であるour theater seats与えられる物ですから、正しくは受動態になります。


完了形の「時」が問われている場合

完了形に下線が引かれている場合、もう一つ注意したいのが完了形の表す「」です。

[例題4]2017外国語学部(フランス語学科・アジア学科)・経済学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
Rodney (A)has served as (B)president of the student council for two years (C)until he (D)graduated from high school in 2015.
(訳)ロドニーは2015年に高校を卒業するまで生徒会長を2年間務めた。

本問では、下線部(A)が完了形です。前半を抜き出してみます。

Rodney (A)has served as (B)president of the student council for two years…
(ロドニーは2年間生徒会長を務めた)

本問では下線部(A)に頻出項目である完了形を見つけた時点で、ここを念入りに検討する方針を立てます。
serveは「勤める」という意味の自動詞ですから「」の問題でなさそうです。serve as Aで「Aとして働く」という意味になります。

さらに完了形で確認しておきたいのは完了形で表すことが適切かどうか?ということです。

Rodney (A)has served as (B)president of the student council for two years (C)until he (D)graduated from high school in 2015.
(ロドニーは2015年に高校を卒業するまで生徒会長を2年間務めた)

until以下が「2015年の卒業」という、過去のある時を基準に、その時点までの動作の継続を表しているので、主節は過去完了形で表さなくてはなりません。よって、誤りは(A)です。正しくは次のようになります。
なお、下線部(D)のgraduate他動詞と間違えやすい自動詞として有名です。

Rodney (A)had served as (B)president of the student council for two years (C)until he (D)graduated from high school in 2015.
(ロドニーは2015年に高校を卒業するまで生徒会長を2年間務めた)

このタイプの問題をもう1問、練習してみましょう。

[例題5]2017法学部国際教養学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち, 一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
Apple (A)turned forty in March, 2016 and is now a very different company (B)from the one (C)that Steve Jobs and Steve Wozniak (D)have launched in a small garage in 1976.
[解答] (D)have launched→正launched
(訳)アップル社は2016年3月に40周年を迎えた。そして、今ではスティーブ=ジョブズやスティーブ=ウォズニアックが1976年に小さなガレージで創業した会社とまったく異なるものになっている。
[解説] まず(B)は「Aとは異なる」be different from Aで使われる正しい前置詞、(C)thatは目的格の関係代名詞でthe oneを先行詞とする正しい使い方です。
残るは(A)turnの用法(D)完了形ですが、まずは頻出分野の完了形を攻めていきます。
関係詞節の中にin 1976過去の一点を表す語があるので、この関係代名詞節は完了形ではなく、過去形であらわすべきなので(D)は誤りです。
なお、(A)に関してはturn+[年齢時間数量]で「~を超す, ~に達する」という意味で正しい表現です。しかし、この用法を知らなくても完了形をしっかり理解しておけばこの問題には対応できるので、細かい知識に振り回されないようにしましょう。それでも心配な方は、過去問に出たものだけは覚えておくという対応でじゅうぶんでしょう。

まとめ
2017、18年は能動態→受動態パターンの出題がありませんでしたが、2017年には、完了形の「」が誤っている問題が2問出題されています。

注意していただきたいのは、完了形に下線部が引かれていたとしても、必ずしもそこが誤りの箇所ではないということです。
それでも、受験本番は時間との闘いですから、完了形に下線が引かれていたら優先的に検討する価値はありそうです。

過去問演習

 [問題1]2011人文学部(キリスト教学科・人類文化学科)・経済学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
We have been (A)informed that the park will be closed (B)until new safety measures (C)have taken to make sure (D)that children won’t get hurt on the equipment there.
[解答] (C)have taken→正have been taken
(訳)私たちは、子供たちが設備で怪我をしないよう確実にするための新しい安全対策が取られるまで、公園が閉鎖されるという通告を受けた。
[解説]
new safety measures
(新しい安全対策)はtake(~を採用する)される側なので動詞は受動態でなければなりません。