第3講 頻出論点③almostとmostの使い分け

今回は「almostmostの使い分け」に関する問題を解説したいと思います。
almostmost(たいていの、ほとんど)」という曖昧な知識の人は、今回の講義をきっかけに知識を整理してください。

この論点、2018年入試では、3出題されていましたが、今年(2019年)は1問も出題がありませんでした。しかし、このあと紹介する過去問を見ていただければ分かるように、10年に渡って隔年で取り上げられている論点ですので、直前に見直しておく価値はじゅうぶんあると思います。

almostは副詞、mostは名詞/形容詞
まずは基本事項を確認していきましょう。

almost []「ほとんど~

almostは「ほとんど~」という意味の程度を表す副詞です。副詞の性質から、直接名詞を修飾できません。そこで、名詞を修飾する場合はall(形容詞)を間にはさんでalmost all A almost all (ofthe[one’s] Aなどの形で用います。

almost all A「(限定されない)ほとんどのAmost A
almost all (of) the[one’s] A「(限定された特定の)Aのほとんど
most of the[one’s] A
most []「大多数のたいていの
     []「(~の)大部分ほとんど

mostには形容詞名詞の用法がありますので、以下のように使われます。

most A「(限定されない)ほとんどのA形容詞の用法
most of the[one’s] A「(限定された特定の)Aのほとんど名詞の用法

例題演習

2012 外国語学部(スペイン・ラテンアメリカ、フランス、ドイツ、アジア学科) 法学部
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
Almost (      ) Japanese people over twenty years old have a driver’s license.
(A) all
(B) of
(C) all of
(D) every
[解説] (訳)20歳以上の日本人はほとんどみな運転免許を持っている。
almost副詞なので、直後に前置詞であるofをとることはできませんから(B)は間違いです。(C)all of theの形ならば正解です。(D)every形容詞で、almost everyの形は正しいのですが、people複数扱いなので不可です(everyは単数名詞を修飾します)。よって正解は(A)allになります。
 2010 人文学部(キリスト教学科・人類文化学科) 経済学部
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
(      ) all people in Japan have mobile phones.
(A) Most
(B) Most of
(C) Almost
(D) Almost of
[解説] (訳)日本に住むほとんどすべての人は携帯電話を持っている。
(A)
Most(=形容詞)
を使う場合、allは不要で、most people in Japanとなります。(B)Most of(most=名詞)を使う場合は、most of the people in Japanとします。almost副詞で、almost of ~という直後に前置詞を置く使い方はできないので、(D)は不可です。よって正解は(C)Almostです。
2009 人文学部(心理人間学科・日本文化学科) 情報理工学部(B方式)
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
(    ) Japanese people are afraid of earthquakes.
(A) Most
(B) Most of
(C) Almost
(D) Almost of
[解説] (訳)ほとんどの日本人は地震を恐れている。
(A)Mostが正解です。その他の選択肢を正しくするには、(B)→Most of the Japanese people、(C)→Almost all Japanese people、(D)Almost all of the Japanese peopleとします。
2013人文学部(キリスト教学科・人類文化学科) 経済学部
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
(      ) cars you see here were manufactured in Germany.
(A) Most
(B) Almost
(C) Most of
(D) The most
[解説] (訳)ここにあるほとんどの車はドイツで製造されました。
(A)Most(=形容詞「ほとんどの」)が正解です。(B)Almost副詞なので、名詞であるcarsの前に置いて修飾することはできません。almost all carsと形容詞allが入ればOKです。(C)はMost of the carsという形なら正解です。(D)mostが「ほとんど」という意味で使われるとき、冠詞はつかないので不可です。
2015 外国語学部(英米学科)・総合政策学部(A方式)
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
When Professor Suzuki asked them if they wanted to watch a movie, (      ) the students raised their hands.
(A) almost
(B) all
(C) most
(D) a lot
[解説] (訳)鈴木教授が学生たちに映画を見たいかと尋ねると、全員が手を挙げた。
(A)almost副詞なので、名詞であるthe studentsの前におくことができません。形容詞allをはさんで、almost all the studentsという形ならOKです。(C)mostを使う場合は、most of the students、または、most studentsとなります。(D)はa lot of studentsという形ならOKです。
all (of) the名詞で「すべての~」という意味になるので、(B)allが正解です。
2018 人文学部(心理人間学科日本文化学科) 理工学部
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
According to scientists, pollution is now a serious problem in (      ) countries.
(A) almost
(B) most of
(C) the most
(D) most
[解説] (訳)科学者によると、公害による汚染は今や(      )国々で深刻な問題です。
almost副詞で、名詞であるcountriesを直接修飾できませんから(A)almost誤りです。almost all countriesという形ならばOKです。(B)most ofの後にはthe所有格(one’s)のつく名詞が来ますので(B)most of誤りです。形容詞most「ほとんどの」で修飾される名詞には冠詞theがつかないので、(C)the mostも誤りです。以上から、正解は「ほとんどの国々で」という意味になる(D)mostになります。
 2018 外国語学部(英米学科)・総合政策学部
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
Dr. Wilson was very happy when (      ) his students did well on the test.
(A) most
(B) almost
(C) most of
(D) at most
[解説] (訳)ウィルソン教授は教え子たちのほとんどが、テストで良い成績だったのでとても満足だった。
まず、名詞his studentsを修飾しているので副詞である(B)almostと(D)at most「せいぜい」は不可です。空欄に続くhis studentsは「所有格(one’s)名詞」という限定された形ですから(C)most ofが正解です。(A)mosthisを除いたmost students「大多数の学生」という形ならばOKです。
2018 経済学部【誤り指摘問題】
下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
I (A)have been working all day to finish my homework. (B)Although I have not finished it, (C)almost all of my work (D)were completed by now.
[解答](D)were was
(訳)私は課題を仕上げるために1日中勉強しています。まだ終えてはいませんが、もう作業のほとんどは終えました。
[解説] 主語であるall of my work「作業のほとんど」が単数扱いであるので、述語動詞も単数形wasとします。このallは「すべて(のもの[事])」という意味の代名詞ですが、「すべての人々/すべてのもの[]」という意味のときは複数扱いとなります。
下線部(C)almost all of my workalmost all (of) the[one’s] A「(限定された特定の)Aのほとんど」の形ですから、正しい表現です。

コメントを残す