「南山対策」タグアーカイブ

誤り指摘問題の頻出論点(3)不定詞vs動名詞

頻出論点(3)不定詞(to do)vs動名詞(doing)
他動詞の中にはto不定詞だけを目的語にとるもの動名詞だけを目的語にとるものがあります。

例えば、decide, hopeなどは不定詞だけを目的語にとり、enjoy, considerなどは動名詞だけを目的語にとり、forget, rememberなどは目的語に不定詞をとるときと、動名詞をとるときで意味が異なります。

また、慣用表現の中にはlook forward to doing(~するのを楽しみに待つ)be used  to doing(~することに慣れている)のように、前置詞toのあとに動名詞(または名詞)がくるものがあり、to do/doing混同しやすいものがあります。

to dodoingの使い分けをテーマにした設問は、文法/語法問題に限らず、空欄補充問題や誤り指摘問題でも繰り返し出題されています。

この不定詞vs動名詞パターン、2018/19年での出題はありませんでしたが、2014~17年の4年間に7出題されている頻出論点ですので「動詞+to不定詞」「動詞+doing」に下線が引かれていたら優先的にチェックする習慣をつけましょう。

不定詞vs動名詞の典型パターン
1.動詞+to do/doing

[例題1] 2015総合政策学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
Make sure that you (A)fill out the application form and submit it (B)by Monday morning.  If you (C)fail doing so, you (D)will not be able to get a parking permit.
(訳)月曜日の朝までに確実に申込み用紙に記入して提出してください。そうしないと、駐車許可証がもらえません。

本問では下線部(C)が動詞doingの形です。

If you (C)fail doing so, you will not be able to get a parking permit.
(そうすることを忘れた場合、駐車許可証がもらえません)

failには自動詞/他動詞の用法がありますが、他動詞の用法では不定詞だけを目的語にとる動詞です。この知識が本問では正解を導くカギになります。

fail to do「~できない/~し損なう」
[例] He failed to keep his promise.
     (彼は約束を守らなかった)

よって下線部(C)は誤りで
fail doingfail to do
とします。

[訂正後]
If you fail to do so, you will not be able to get a parking permit.
(そうしないと、駐車許可証がもらえません)

2.「to+動名詞を用いた慣用表現

[例題2] 2015法学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
At Bob’s company, the employees (A)are used to work long hours, sometimes (B)even past midnight. (C)At the same time, they are rewarded (D)for their hard work by receiving extra pay, so no one complains.
(訳)ボブの会社では、従業員は長時間労働に馴れているが、それは時には夜中を過ぎることもある。同時に、彼らは手当を受け取ることできつい仕事に対する報酬を受けているので不満を言うものはいない。

本問では下線部(A)の中に動詞+to不定詞の形がありますが、よく見るとbe used to doという表現になっています。

ここでusedに関連する表現を整理しておきましょう。

be used to doing[名詞]「~に慣れている」
used形容詞
used to do「以前はよく~したものだ」
used toが一つの助動詞
be used to do「~するのに使われる」
受動態+to不定詞の副詞用法

以上の知識を元に下線部(A)を含む文を和訳してみます。

At Bob’s company, the employees (A)are used to work long hours …
(ボブの会社では、従業員は長時間働くために使用されている)

これでは意味が通じないので
to workworking
とすると、

[訂正後]
At Bob’s company, the employees are used to working long hours …

(ボブの会社では、従業員は長時間働くことに馴れている)

となり、後ろの文脈と意味が通じます。

このようにto+動名詞を含む慣用表現も狙われるので、文法/語法問題集に出てくるものはきっちり覚えておきましょう。


3.目的語が不定詞と動名詞で意味が異なる他動詞

他動詞には目的語が不定詞と動名詞をとるときで、意味が異なるものがあります。代表的なものには、forget/remember/regret/tryなどがあります。
このような場合は文脈からの判断が必要になります。

[例題3] 2015法学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
A: Did I happen (A)to lend the new Mr. Children CD to you? I can’t find it.
B: I’m (B)not sure, but I don’t remember (C)to listen to their new album. Maybe you lent it to (D)somebody else.
A「Mr. Childrenの新しいCDを君に貸したかな?見当たらないんだ」
B「わからないけど、彼らの新しいアルバムを聴くことを覚えておきません。たぶん、他の誰かに貸したんじゃないかな?」

本問では(A), (C)2箇所のto不定詞に下線が施されています。4箇所のうちの2つがto不定詞ですので不定詞vs動名詞パターンの匂いが濃厚ですね

それでは下線部(A)から検討していきましょう。
直前のhappenは自動詞でhappen to doで「たまたま~する」という意味です。

Did I happen (A)to lend the new Mr. Children CD to you?
(Mr. Childrenの新しいCDを君に貸したかな?)

happen doingという形はできないので、下線部(A)は正しい表現です。次に、下線部(C)を含む文を見てみましょう。

… I don’t remember (C)to listen to their new album.
(彼らの新しいアルバムを聴くことを覚えておきません)
又は(彼らの新しいアルバムを忘れずに聴きません)

日本語訳が不自然なことに気が付いたでしょうか?

下線部(C)直前の他動詞rememberは目的語にto不定詞をとる場合と、動名詞をとる場合で意味が異なる頻出の重要単語です。

remember to do「忘れずに~する/~することを覚えておく」
remember doing「~したことを覚えている」

rememberが設問に絡んでいることに気づいた時点で、この論点が怪しいと感じるようになりたいものです。

前後の文脈からB君は「聴いた覚えがない」とするのが自然なので下線部(C)はto listenlisteningとします。

[訂正後]
… I don’t remember listening to their new album.
(彼らの新しいアルバムを聴いた覚えがないなあ)

rememberは不定詞/動名詞のどちらも目的語にとることができる他動詞ですが、意味と用法が異なるので文脈から判断することが必要になります。

類題

[問題1] 2014法学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
I (A)couldn’t have passed the driving test without your help. Let me (B)take you out for dinner tonight. Would you like (C)trying the Indian restaurant which (D)recently opened

本問では頻出の論点が2つ登場しています。1つは下線部(A)の完了形で、もう1つが下線部(C)の動詞+動名詞です。

下線部(A)に関しては、without(~がなければ)を用いた仮定法過去完了の文で正しい表現です。

I (A)couldn’t have passed the driving test without your help.
(あなたの助けがなければ、運転免許試験に合格できなかったでしょう)

次に下線部(C)を含む文を検討しましょう。

Would you like (C)trying the Indian restaurant which recently opened?
(最近開店したインド料理の店はいかがですか)

trying直前の動詞liketo不定詞と動名詞のどちらをとっても意味がほとんど変わらない動詞ですが、ここでは視野を広げてみましょう。するとWould you like…?という会話表現が目に入ります。

Would you like to do?「~しませんか」
[例] Would you like to go to the movies?(映画に行きませんか)

この表現ではlike to doという形でしか使われませんので、下線部(C)は誤りで、
tryingto try
とします。

[訂正後]
Would you like to try the Indian restaurant which recently opened?
(最近開店したインド料理の店はいかがですか)

Would you like to do?と同じ提案/勧誘の表現で気をつけたいのが次の表現です。こちらはto doingという形であるので、前者と区別して覚えておいてください。

What do you say to doing [名詞]?「~しませんか」
[例] What do you say to going for a drive?(ドライブはいかがですか)

 

[問題2] 2017経済学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。

I don’t remember (A)when we have to (B)hand in the assignment to our English teacher. I forgot (C)writing down the due date, so I will (D)go and ask her.

本問は2015年に法学部で出題された問題(例題3)と同じ論点の問題です。
設問を見て、最も気になるのがforgotに続く(C)writingです。 forget to do/doingの区別は誤り指摘問題に限らず、文法/語法問題でも重要なので違いを整理しておきましょう。

forget to do「~し忘れる」
forget doing「~したことを忘れる」

それでは問題文をもう一度見てみましょう。

I don’t remember (A)when we have to (B)hand in the assignment to our English teacher. I forgot (C)writing down the due date, so I will (D)go and ask her.
(訳)私は英語の先生に宿題をいつ提出するべきか覚えていません。提出期日を書き留めたことを忘れてしまったので、先生のところに尋ねに行くつもりです。

forget to do/doingの意味の違いに注意しながら I forgot writing down を和訳すると「書き留めたこと(自体)を忘れた」という意味になります。
提出期日を忘れた(=forgot the due date)」のではないことに注意してください。

so I will go and ask her (先生のところに(提出期日を)尋ねに行くつもりです) と言っているので、書き留めるのを忘れたと考えるのが自然です。よって下線部(C)を改めて、
writingto write
とします。

[訂正後]
I don’t remember when we have to hand in the assignment to our English teacher. I forgot to write down the due date, so I will go and ask her.
(訳)私は英語の先生に宿題をいつ提出するべきか覚えていません。提出期日を書き留めるのを忘れてしまったので、先生のところに尋ねに行くつもりです。

[問題3] 2017人文学部(心理人間学科・日本文化学科)・理工学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
A group of elementary school students (A)were invited to sit in special seats at the high school baseball tournament (B)last spring. The children enjoyed (C)to watch the games (D)played by the high school students.
問題3 [解説](C)to watch→正watching
(訳)昨年の春、高校野球の特別席に座るよう小学生グループが招待された。子どもたちは高校生によって行われる試合を見て楽しんだ。

下線部(C)直前のenjoy動名詞だけを目的語にとる動詞の代表ですので不定詞to watchを目的語にとることはできません。
なお、下線部(A)も受動態で要注意の分野ですが、時制(were=過去形)、(集合名詞groupは複数扱い可)、語法(invite A to do)すべて正しい用法です。

誤り指摘問題の頻出論点(2)完了形

頻出論点(2)「完了形」
完了形に誤りがあった問題は、ほぼ毎年どこかの日程で出題されているので確実にマスターしておきたい論点です。

完了形に関する正誤判断で一番多いのが、受動態で表現すべき内容が能動態で書かれている場合です。今回はこの論点を中心に学んでいきます。

1.能動態→受動態のパターン

 [例題1] 2016法学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
It’s noon. The mail (A)should have delivered by now. I (B)wonder why it (C)hasn’t arrived yet. Perhaps there is (D)a problem with the mail today.
(訳)正午です。もう今頃には郵便は届けられているはずなのに。なぜまだ届かないのかしら。ひょっとして今日は郵便に何か問題があるのかも。

 本問では下線部(A)(C)完了形です。まずは下線部(A)を含む文を抜き出して検討してみます。

The mail (A)should have delivered by now. 
(郵便今頃、配達しているはずだ)

主語であるthe mailは他動詞deliverの目的語となるべき配達される側(影響・作用を及ぼされる側)ですから、この文は本来受動態で書かれなければなりません。
よって下線部(A)は誤りです。正しくは下線部(A)を受動態にして、

The mail should have been delivered by now.
(郵便は今頃、配達されているはずだ)

とします。

下線部(C)も完了形です。これは正しい表現ですが、その理由を検討しておきましょう。

I wonder why it (C)hasn’t arrived yet.
(なぜまだ郵便は届かないのかしら)

まず、why節の主語it=the mailということはわかりますか?
下線部(A)の場合と同じくthe mailが主語であるのに能動態のままでOKの理由は、arrive自動詞だからです。自動詞は受動態を作りません。

以上のことから、能動態受動態パターンで気をつけたいのは過去分詞が他動詞の場合です


2.完了形の「時」が問われている場合

完了形に下線が引かれている場合、もう一つ注意したいのが完了形の表す「」です。

[例題2] 2017外国語学部(フランス語学科・アジア学科)・経済学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
Rodney (A)has served as (B)president of the student council for two years (C)until he (D)graduated from high school in 2015.
(訳)ロドニーは2015年に高校を卒業するまで生徒会長を2年間務めた。

本問では、下線部(A)が完了形です。前半を抜き出してみます。

Rodney (A)has served as (B)president of the student council for two years…
(ロドニーは2年間生徒会長を務めた)

本問では下線部(A)に頻出項目である完了形を見つけた時点で、ここを念入りに検討する方針を立てます。
serveは「勤める」という意味の自動詞ですから「」の問題でなさそうです。serve as Aで「Aとして働く」という意味になります。

さらに完了形で確認しておきたいのは完了形で表すことが適切かどうか?ということです。

Rodney (A)has served as (B)president of the student council for two years (C)until he (D)graduated from high school in 2015.
(ロドニーは2015年に高校を卒業するまで生徒会長を2年間務めた)

until以下が「2015年の卒業」という、過去のある時を基準に、その時点までの動作の継続を表しているので、主節は過去完了形で表さなくてはなりません。よって、誤りは(A)です。正しくは次のようになります。
なお、下線部(D)のgraduate他動詞と間違えやすい自動詞として有名です。

Rodney (A)had served as (B)president of the student council for two years (C)until he (D)graduated from high school in 2015.
(ロドニーは2015年に高校を卒業するまで生徒会長を2年間務めた)

類題

 [問題1] 2014法学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
Consumers (A)are becoming more aware of (B)the need for a healthy diet.
Supermarkets now sell more (C)naturally-grown produce, especially vegetables that (D)have produced without chemicals.

問題1 [解説](D)have produced→正have been produced
(訳)消費者は健康的な食事の必要性にますます気づきつつあります。スーパーマーケットでは現在、自然に育てられた生産物、とりわけ化学肥料不使用で作られた野菜を多く売ることが増えています。
選択肢(A)~(C)はどこに誤りがあるのか論点に見当がつきませんが、下線部(D)は頻出の完了形ですから、まずはここを詳しく検討する方針で解いていきます。直前のthatは主格の関係代名詞で、先行詞vegetablesです。vegetablesは他動詞produced影響が及ぼされる側ですから、正しくは受動態となるべきです。
[問題2] 2011人文学部(心理人間学科・日本文化学科)
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
When Megumi (A)hung up the phone, she told us that our theater seats (B)had given to someone (C)else but that (D)other seats would be available in a few days.
問題2 [解説](B)had given→正had been given
(訳)メグミは電話を切ってから、私たちの劇場の座席は他の誰かに譲られたが、数日のうちに別の席が用意されるだろうと私たちに告げた。
下線部(B)は完了形に引かれているので、まずはここに注目します。主語であるour theater seats与えられる物ですから、正しくは受動態になります。
[問題3] 2017法学部国際教養学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
Apple (A)turned forty in March, 2016 and is now a very different company (B)from the one (C)that Steve Jobs and Steve Wozniak (D)have launched in a small garage in 1976.
問題3 [解説](D)have launched→正launched
(訳)アップル社は2016年3月に40周年を迎えた。そして、今ではスティーブ=ジョブズやスティーブ=ウォズニアックが1976年に小さなガレージで創業した会社とまったく異なるものになっている。
まず(B)は「Aとは異なる」be different from Aで使われる正しい前置詞、(C)thatは目的格の関係代名詞でthe oneを先行詞とする正しい使い方です。
残るは(A)turnの用法(D)完了形ですが、まずは頻出分野の完了形を攻めていきます。
関係詞節の中にin 1976過去の一点を表す語があるので、この関係代名詞節は完了形ではなく、過去形であらわすべきなので(D)は誤りです。
なお、(A)に関してはturn+[年齢・時間・数量]で「~を超す, ~に達する」という意味で正しい表現です。しかし、この用法を知らなくても完了形をしっかり理解しておけばこの問題には対応できるので、細かい知識に振り回されないようにしましょう。それでも心配な方は、過去問に出たものだけは覚えておきましょう。
[問題4] 2011人文学部(キリスト教学科・人類文化学科)・経済学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
We have been (A)informed that the park will be closed (B)until new safety measures (C)have taken to make sure (D)that children won’t get hurt on the equipment there.
問題4 [解説](C)have taken→正have been taken
(訳)私たちは、子供たちが設備で怪我をしないよう確実にするための新しい安全対策が取られるまで、公園が閉鎖されるという通告を受けた。
new safety measures
(新しい安全対策)はtake(~を採用する)される側なので動詞は受動態でなければなりません。

誤り指摘問題の頻出論点(1)不可算名詞

今回から7回に渡って、誤り指摘問題の頻出論点を紹介していきます。

誤り指摘問題では設問文に4か所下線部が施され、その中の1つが誤りを含んでいます。
どれもが一見正しいように見えるので、自信を持って選択肢を選べないのではないでしょうか?

全ての問題に対応するには南山の過去問をこつこつ解きながら、知識を蓄えていく必要がありますが、まずは頻出のパターンを押さえて得意分野を作り、苦手意識を克服しましょう。

頻出論点(1)「不可算名詞」

2015 経営学部理工学部(A方式)
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
If you are (A)presently studying a foreign language or are planning  (B)to do so, here’s (C)an advice to help you: find a way to (D)make it fun.
(訳)もしあなたが現在、外国語を学んでいる、もしくは学ぶ予定ならここに役立つアドバイスが1つあります。外国語学習を楽しみにする方法を見つけるのです。

まずは選択肢をざっとチェックしてみましょう。
すると下線部(C)にadvice「助言/アドバイス」という不可算名詞が登場しています。
不可算名詞にも関わらずan「1つの」という不定冠詞がついているので誤りですね。

1つのアドバイス」はa piece of adviceと表すので、下線部(C)を含む文を正しくすると、

… here’s (C)a piece of advice to help you …
(ここに役立つアドバイスが1つあります)

となります。
もう一度問題文を見てください。

2015 経営学部理工学部(A方式)
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
If you are (A)presently studying a foreign language or are planning  (B)to do so, here’s (C)an advice to help you: find a way to (D)make it fun.
訳)もしあなたが現在、外国語を学んでいる、もしくは学ぶ予定ならここに役立つアドバイスが1つあります。外国語学習を楽しみにする方法を見つけるのです。

選択肢(A)、(B)、(D)は正しいので、何度読み返しても誤りを含みそうな論点が思い浮かびません。しかし、adviceが不可算名詞であることに気づけば、正誤は一瞬で判断できるので他の選択肢を検討する必要はありませんね

本番で誤り指摘問題を解く頃には、残り時間との闘いになっていると思われます。
選択肢を(A)から順番に検討するのではなく、過去のデータから頻出の論点がある場合は、それを先にチェックしていきましょう。

もちろん、過去問を練習で解く際は、すべての選択肢について辞書や文法書で正しい知識を確認しておくこともお忘れなく。


類題
不可算名詞に関する類題を紹介します。出題されるのは不可算名詞の中でも抽象名詞がほとんどです。

[問題1] 2015 法学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
One task (A)of researchers (B)is to provide concrete (C)evidences that demonstrates that new (D)theories are correct.
問題1 [解答](C)誤evidencesevidence
(訳)研究者の仕事の1つは、新しい理論が正しいことを例証する具体的な証拠を提供することである。
evidence証拠」は不可算名詞なので不定冠詞a/anがついたり、複数形にはなりませんのでevidencesとなっている(C)が誤りです。
[問題2] 2015 法学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
I’m sorry (A)to have kept you waiting. When did you (B)get here? I was (C)caught in heavy traffic due to the road being (D)under constructions.
問題2 [解答](D)誤under constructionsunder construction
(訳)お待たせしてすみませんでした。いつここへ着きましたか。道路が工事中のおかげで、ひどい渋滞に巻き込まれていたのです。
constructionは「建設(作業) 」という意味では不可算名詞で、複数形にはならないので(D)が誤りです。
[問題3] 2013 経営学部情報理工学部(A方式)
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
According to (A)a research, the reason that (B)most people fail (C)in their efforts to diet (D)has been identified.
問題3 [解答](A)誤a researchresearch
(訳)研究によると大抵の人がダイエットの努力に失敗する原因が特定された。
research研究」は不可算名詞なので不定冠詞a/anはつきません。よって(A)が誤りです。
[問題4] 2010 総合政策学部(A方式)
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
Many people prefer (A)not to live in big cities because (B)an air is not clean, the trains are (C)crowded, and the houses are (D)expensive.
問題4 [解答](B)誤anthe
(訳)多くの人が大都市に住むことを好まない。なぜなら、空気は汚れ、電車は混雑し、そして住宅の値段が高いからである。
air空気」は物質を表す不可算名詞不定冠詞a/anはつきませんから(B)が誤りです。ただしairは「様子, 外見, 雰囲気」という意味の場合は可算名詞です。

[例] She puts on airs pretending to know everything.
(彼女は気取って何でも知っているようなふりをする)
[問題5] 2009 総合政策学部(A方式)
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
I would be (A)grateful (B)if you could send me (C)an information about (D)admission to the university.
問題5 [解答](C)誤an informationinformation
(訳)もし大学の入学に関する情報を私のところまで送っていただけるとありがたいと思います。
information情報」は不可算名詞で不定冠詞a/anはつかないので(C)が誤りです。
[問題6] 2008 法学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
(A)Before the Internet, it was difficult to communicate ideas to large (B)audiences, but now (C)informations can be (D)shared easily and quickly.
問題6 [解答](C)誤informationsinformation
(訳)インターネット以前は、アイディアを大勢に伝えることは難しかったが、現在では情報は容易かつ瞬時に共有できる。
information「情報」
は不可算名詞で複数形になりません。よって(C)が誤りです。
[問題7] 2008 人文学部(心理人間学科・日本文化学科)・数理情報学部(B方式)
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
I wonder (A)if anyone (B)can give me good (C)advices about (D)how to improve my English.
問題7 [解答](C)誤advicesadvice
(訳)英語を上達させる良いアドバイスを誰か私にくれる人はいないかなあ。
advice助言, 忠告, アドバイス」は不可算名詞なので複数形になりませんん。よって(C)が誤りです。
[問題8] 2017 人文学部(キリスト教, 人類文化学科)・経営学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
A: (A)Are there any information (B)available for international students interested in applying (C)to enter your school?
B: Yes, we have booklets that can help applicants (D)find out about our school.
問題8 [解答](A)Areis
(訳)A: 貴校への入学を希望する外国人学生が入手可能な情報はありませんか?
B: はい、入学希望者が本校について知る助けとなる冊子があります。

下線部こそ引かれていませんが、誤り指摘問題の文中にinformationが出てきたら要注意です。
information不可算名詞なのでanはつかず、複数形にもなりません。このことから、be動詞は単数のisとするのが正解です。
なお、他動詞helpSVO to do「Oが~するのを助ける」という語法で使われる場合、たびたびtoが省略されるので(D)find out aboutは正しい表現です。