「南山英語」タグアーカイブ

第7講「⑤前置詞vs接続詞vs副詞パターンの解き方」

問題は以下のホームページを各自で参照してください。

大学受験パスナビ(外部サイト  会員登録が必要です)
2019年英語過去問[人文学部、外国語学部、経営学部]

文法/語法問題の場合と同じ解き方
空欄補充問題でも選択肢が前置詞/接続詞/副詞で構成された問題が出題されます。ただし、出題数は少なく、各日程で1、2問ぐらいです。
『前置詞vs接続詞vs副詞』パターンの解き方は、文法/語法問題の場合と基本的に同じです。ただ、出題者側で文意を読み取れているか確認する意図があるのか、選択肢を2つ(または3つ)にしぼったあと、文脈で最適なものを選ばせるタイプが多いです。この点、選択肢を前置詞/接続詞/副詞に分類すれば一発解決することも多い文法/語法問題と異なります。

前置詞vs接続詞vs副詞パターン

2019 人文学部(キリスト教学科、人類文化学科)・外国語学部(スペイン・ラテンアメリカ学科、ドイツ学科)・経営学部
問35
. 以下の文章が完成するように、空欄(  35  )に(A)~(D)のうちから最も適切なものを一つ選びなさい。
Many of Gaudi’s models of the church were damaged in 1936 (  35  ) the outbreak of the Spanish Civil War…
[語句] outbreak(名)[悪いことの]発生、the Spanish Civil War「スペイン内乱」
(A) following
(B) since
(C) while
(D) because

設問へのアプローチ方法はいつも通りです。空欄を含む箇所まで読み進めたら、まずは選択肢を見比べてどんな特徴があるかを掴みます。

[選択肢の分類]
(A)following前置詞「~に引き続いて」
(B)since前置詞/接続詞「~以来」
(C)while接続詞「~している間に」
(D)because接続詞「~なので」
『前置詞vs接続詞vs副詞』のうち副詞がありませんが、このような場合でも『前置詞vs接続詞vs副詞』パターンとして解くことが可能です。このパターンでは空欄の語が文のどんな要素をつないでいるか?という点に着目します。

[空欄の語は何と何をつないでいるか?]
Many of Gaudi’s models of the church were damaged in 1936 (  35  ) the outbreak of the Spanish Civil War

空欄のあとには名詞句the outbreak of the Spanish Civil Warが続いているので、(  35  )には名詞をつなぐ働きをする前置詞が入ると推測できます。
選択肢のうち前置詞は2つ[(A)following、(B)since]ですが(B)since完了時制で用いるので正解は(A)followingになります

例題に選んだ2月11日出題の『前置詞vs接続詞vs副詞』パターンはこの1問のみです。他の日程で出題されたものをいくつか紹介しておきます。

2019 外国語学部(フランス学科、アジア学科)・経済学部
Ⅵ 問59
. 以下の文章が完成するように、空欄(  59  )に(A)~(D)のうちから最も適切なものを一つ選びなさい。
An usually large number of ships and planes have disappeared (  59  ) passing through this area.
[語句] pass through ~「~を通り過ぎる」
(A) as
(B) during
(C) along
(D) while
問59解答(D) while
(訳)非常に多くの船や航空機が、この区域を通過する間に消息を断ってきました。
[解説] 選択肢から『前置詞vs接続詞vs副詞』のパターンであること判別できたら、空欄の語が文中の、どの要素をつないでいるかに着目します。
空欄のあとにはpassing through this areaと一見、動名詞句が続いているように見えますが、(      )とpassingの間には主語(ships and planes)とbe動詞が省略されています。よって、空欄の語はをつなぐはたらきをしているので、接続詞が入ることになります。
選択肢の中で接続詞の働きを持つものは(A)as(~する間)と(D)while(~している間に)ですが、asにはas doingという用法はできないので(D)whileが正解になります。
2019 外国語学部(フランス学科、アジア学科)・経済学部
Ⅵ 問63
. 以下の文章が完成するように、空欄(  63  )に(A)~(D)のうちから最も適切なものを一つ選びなさい。
It is logical then that there would be a higher number of accidents in this area (  63  ) its increased traffic volume.
(A) because
(B) despite
(C) as for
(D) due to
問63解答(D) due to
(訳)増加した交通量の為に、この地域で事故の数が多くなるのももっともだ。
[解説] (C)as forと(D)due to前置詞句の形ですが、選択肢から『前置詞vs接続詞vs副詞』のパターンであることが一目瞭然です。空欄のあとにはits increased traffic volume(増加した交通量)と名詞が続くので、ここでは名詞をつなぐはたらきをもつ前置詞()が入ると推測できます。
選択肢中に前置詞(句)は3つあり、それぞれ
(B)despite「~にもかかわらず」
(C)as for「~について言えば」
(D)due to「~のために」
という意味です。
交通量の増加↑」のために「事故の増加↑」につながるというロジックから(D)due toが最適です。
2019 人文学部(心理人間学科、日本文化学科)・理工学部
Ⅵ 問57
. 以下の文章が完成するように、空欄(  57  )に(A)~(D)のうちから最も適切なものを一つ選びなさい。
A child in New York might pretend to be an airplane (  57  ) a child living on a farm might pretend to be a horse.
[語句] pretend to be A「[子供が]Aである真似をして遊ぶ」
(A) since
(B) because
(C) whereas
(D) whenever
問57解答(D) whereas
(訳)ニューヨークに暮らす子供が飛行機の真似をして遊ぶ一方で、農場で暮らす子供は馬の真似をして遊ぶかもしれない。
[解説] 選択肢(C)whereasは見慣れない単語ですが、南山大学では頻出の接続詞です。特に『前置詞vs接続詞vs副詞』のパターンで誤った選択肢の1つとして紛れていることが多いです。
本問では全ての選択肢が接続詞用法をもつので、文脈で解くことになります。選択肢それぞれの意味は、
(A)since「~して以来/~なので」
(B)because「なぜなら~」
(C)whereas「~だが一方…」
(D)whenever「~するときはいつでも/いつ~しようとも」

前半のA child in New York might pretend…と空欄以降のA child in a farm might pretend…は文の構成が同じでニューヨークと田舎を対比した内容になっていますので、(C)whereas「~だが一方…」が最適です
2019 法学部国際教養学部
Ⅲ 問33
. 以下の文章が完成するように、空欄(  33  )に(A)~(D)のうちから最も適切なものを一つ選びなさい。
Many organizations are inspiring and supporting teenagers and young adults to be social entrepreneurs. (  33  ) these organizations, the field of social entrepreneurship has expanded significantly.
[語句] social entrepreneur「社会的企業家」
(A) In fact
(B) Thanks to
(C) Except for
(D) Indeed
問33解答(B) Thanks to
(訳)多くの組織が10代の少年少女や若年層の若者たちを促して、社会的企業家になるための支援を行っています。これらの組織のおかげで、社会的企業の領域は著しく拡大してきました。
[解説] 南山の過去問を解きなれてくると、選択肢の(A)In fact「実際に」副詞句、(B)Thanks to「~のおかげで」前置詞句、を確認したところで『前置詞vs接続詞vs副詞』のパターンであると勘づきます。
残りの2つの品詞を確認したら、空欄の語が文中のどの要素をつないでいるかをチェックしましょう。

空欄のあとは「these organizations,」と名詞が続いたあとカンマで区切られています。よって、空欄の語は名詞をつなぐはたらきをしているので、前置詞(句)が入ることになります。
選択肢の中で前置詞の働きを持つものは(B)Thanks toと(D)Except for(~をを除いて)ですが、前文からthese organizationsの活動が社会的企業の活動を活性化させたので(B)Thanks toが正解になります。

まとめ
空欄補充問題での『前置詞vs接続詞vs副詞』パターンも解き方は文法/語法問題のときと変わりません。
空欄に入る語が、文の要素の何と何をつなぐかに着目して品詞を特定したあとは、文脈に最適なものを選びましょう。

『前置詞vs接続詞vs副詞』パターンの解き方[空欄補充問題]
1.空欄が現れたら選択肢を見比べる
選択肢が前置詞/接続詞/副詞で構成されている→『前置詞vs接続詞vs副詞』パターン
[例] 選択肢が, (A)that( (B)during()  (C)since(/)  (D)even()
前置詞/接続詞/副詞で構成されているので『前置詞vs接続詞vs副詞』パターンである。

2. 空欄を含む文の構文をチェックして、空欄の語が何と何をつなぐか確認して正解候補をしぼる構文的アプローチ
[例]
1.空欄が名詞をつないでいる→前置詞
2.空欄がをつないでいる→接続詞
3.空欄はなにもつないでいない(空欄は文全体(または文の要素)を修飾している)→
副詞

3.正解候補が複数ある場合、文脈に合うものを選ぶ文脈的アプローチ

第6講「④他動詞vs自動詞パターンの解き方」

お断り…今回扱う『他動詞vs自動詞』パターンですが、例題に選んだ2019年2月11日の問題での出題がなかったため、他の日程で出題された問題を解説します。

他動詞vs自動詞パターン

2019 人文学部(心理人間学科、日本文化学科)・理工学部
Ⅲ問28.
以下の文章が完成するように、空欄(  28  )に(A)~(D)のうちから最も適切なものを一つ選びなさい。
…Parents complain that excessive play can (  28  ) with study and daily responsibilities.…
[語句] excessive(形)過度の、極端な
(A) disturb
(B) prevent
(C) interfere
(D) bother

まずは選択肢を見比べてどんな特徴があるかを掴みます。

[選択肢の分類①]
(A)disturb他動詞「~を混乱させる」
(B)prevent他動詞「~が(…するのを)妨げる[from doing]」
(C)interfere自動詞「邪魔をする」
(D)bother他動詞/自動詞「(他)~を悩ます/(自)思い悩む」

「混乱させ」たり、「邪魔をし」たり、「妨げ」たりと、意味の近い動詞が並んでいますね。意味で区別しにくい場合は、文法/語法知識で解ける可能性が高いということです。そこで構文を確認してみることにしましょう[構文的アプローチ]

[構文的アプローチ]
…Parents complain that excessive play can (  28  ) with study and daily responsibilities.
本問で着目していただきたいのは、空欄直後のwithです。空欄に入る動詞は目的語を取らないので、空欄(  28  )には自動詞が入ると推測できます。

選択肢の中で自動詞の用法を持つものは(C)interfereと(D)botherです。それぞれwithを伴うと、以下のような意味になります。

(C) interfere with A「Aを妨げる」
(D) bother with A「Aで思い悩む」

文法的にはどちらも正しいので、あとは文脈に照らして最適な法を選びます[文脈的アプローチ]

[文脈的アプローチ]
…Parents complain that excessive play can (  28  ) with study and daily responsibilities.
(訳)「親たちは過度に(テレビゲームで)遊ぶことが、勉強や日々の責務(  28  )[(C)interfereを妨げる(D)bother「で思い悩む」]可能性があると不満を言っている

excessive play(過度に遊ぶこと)に人格はないので「思い悩む」ことはありません。よって、(C)interfereが正解になります。

2019 外国語学部(英米学科)総合政策学部
Ⅲ問32.
以下の文章が完成するように、空欄(  32  )に(A)~(D)のうちから最も適切なものを一つ選びなさい。
However, the benefits of their midday meal may (  32  ) depending on where the children live, how long they are given to eat their meal, …
[語句] midday(名)正午、真昼 / depending on A(前)「Aに応じて、A次第で」
(A) transform
(B) modify
(C) vary
(D) adjust

まずは選択肢を見比べてどんな特徴があるかを掴みます。第1印象としては、動詞が多いな…ってところでしょうか。

[選択肢の分類]
(A)transform他動詞「~を変形させる」
(B)modify他動詞「~を修正する」
(C)vary他動詞/自動詞「(他)~に変化を与える/(自)異なる」
(D)adjust他動詞/自動詞「(他)~を適合させる/(自)順応する」

何かを「変える」という意味の動詞が多いですね。他動詞と自動詞が混じっているので、どちらかを切れないか構文を分析してみましょう[構文的アプローチ]。選択肢を減らせれば、文脈的アプローチも楽になります。

[構文的アプローチ]
However, the benefits of their midday meal may (  32  ) depending on where the children live, how long they are given to eat their meal, …
本問では空欄のあとに前置詞句depending onが続いていることがポイントになります。これを動名詞と勘違いすると、正解には辿り着けません。
このdepending onから、空欄(  32  )に入る動詞には目的語がないと分かりますので自動詞が入ると確定します。これで選択肢は(C)varyと(D)adjustの2つにしぼられました。あとは、文脈にふさわしい方を選びます。

[文脈的アプローチ]
However, the benefits of their midday meal may (  32  ) depending on where the children live, how long they are given to eat their meal, …
(訳)「しかし、彼らが昼食から得られる恩恵は、子供たちがどこに住み、食事を摂る時間をどれだけ長く与えられているかに応じて(  32  )[(C)vary異なるだろう(D)adjust「順応するだろう」]

文脈にふさわしいのは(C)varyですね。これが正解になります。最後にもう1問練習してみましょう。

2019 法学部国際教養学部
Ⅵ問65.
以下の文章が完成するように、空欄(  65  )に(A)~(D)のうちから最も適切なものを一つ選びなさい。
Finally, you might want to (  65  ) a group that is working to protect coral reefs…
[語句] coral reef(名)サンゴ礁
(A) join
(B) contribute
(C) belong
(D) participate

今回も選択肢を見比べてどんな特徴があるかを把握していきましょう。解答手順はいつも同じです。

[選択肢の分類]
(A)join他動詞「~に参加する」
(B)contribute他動詞/自動詞「(他)~を提供する/(自)貢献する(to)」
(C)belong自動詞「所属する(to)」
(D)participate自動詞「参加する(in)」

自動詞/他動詞問わず、組織に「加わる」という意味の動詞が多いですね。選択肢が意味の近い語で構成されているということは、文脈では解きづらいということです。
今回も他動詞と自動詞が混じっているので、どちらかを切れないか構文を分析してみましょう。

[構文的アプローチ]
Finally, you might want to (  65  ) a group that is working to protect coral reefs…
選択肢中にSVCの語法をもつ動詞がないので、空欄(  65  )直後の名詞a group(団体)目的語と推測できます。よって、空欄(  65  )には他動詞が入ります。
他動詞用法をもつものは、(A)joinと(B)contributeですから、あとは文脈で解決しましょう。

[文脈的アプローチ]
Finally, you might want to (  65  ) a group that is working to protect coral reefs…
(訳)「最終的に、あなたはサンゴ礁を守るために取り組んでいる団体(  65  )[(A)joinに参加したく」(B)contribute「を提供したく」]なるかもしれません

他動詞contributeは目的語にmoneyfoodなどを取ります。団体寄付」したり、「提供」するのはおかしいので、正解は(A)joinになります。

まとめ
『他動詞vs自動詞』パターンは解法を知っていれば解けるものではありません。基本となるのは基本動詞1つ1つの自/他の区別語法を理解していることです。
知っている単語でも、改めて辞書を引いてみれば意外な発見があるものなので、こまめに辞書を引いて語法や例文を参照することをお勧めします。

『他動詞vs自動詞』パターンの解き方
1.選択肢を見比べる
選択肢がすべて動詞で(かつ、似たような意味で)ある→まずは他動詞/自動詞の分類で選択肢をしぼる
2.空欄(      )の後の語に注目して他動詞/自動詞の判定をする構文的アプローチ
(      )名詞(      )には他動詞が入る(SVCの自動詞の場合もあり)
(      )前置詞+名詞(      )には自動詞が入る
(      )
副詞/形容詞(      )には自動詞が入る
(      )
なし→(      )には自動詞が入る

3.正解候補が2つあるときは文の内容にふさわしいものを選ぶ文脈的アプローチ

第14講『比較』

英文法の参考書では1章を割いて解説される『比較』ですが、南山英語での出題頻度はあまり高くなく、例年、全学部を通じて1問の出題があるかないかといったところです。

典型的な出題パターンもなく、比較に関する文法事項から満遍なく出題されているので穴を作らないことが最大の対策となります。お手元の文法/語法問題集に載っている問題と、総合英語の例文をきっちり仕上げておけば大丈夫でしょう。

今回は過去に出題された『比較』問題をまとめて解いて、苦手意識を失くしておきましょう。


thanは比較問題の目印

「絶対」とまでは言いきれないのですが、設問文にthanが登場したら、まずは比較に関して問われている可能性を考えましょう。

[例題1]2017人文学部(キリスト教学科・人類文化学科) 外国語学部(スペイン・ラテンアメリカ学科、ドイツ学科) 経営学部
以下の空欄について(A)~(D)のうちから最も適切なものを一つ選びなさい。【文法/語法問題】
These days, it’s (    ) easier to shop online than to go to a store.
[語句] shop(自)買い物をする / online(副)オンラインで
(訳)この頃は、店へ行くよりインターネットで買い物をする方がはるかに簡単です。
(A) so
(B) such
(C) far 正解
(D) very
【解説】本問は空欄後のeasierthanから『比較』が論点になっていると考えられます。
空欄後の比較級easierを強調するには(C)far(はるかに、ずっと)が最適です。
[例題2]2016外国語学部(スペイン・ラテンアメリカ、フランス、ドイツ、アジア学科) 法学部
以下の空欄について(A)~(D)のうちから最も適切なものを一つ選びなさい。【文法/語法問題】
Joe’s train for Kyoto leaves at 10:00 am, so he should be at Nagoya Station no (      ) than 9:45 am.
(訳)京都に行くジョーの列車は午前10時に出発するので、彼は遅くとも9時45分には名古屋駅にいなくてはならない。
(A) lately
(B) latest
(C) later 正解
(D) late
【解説】空欄直後のthanと選択肢の並びから、設問で問われているのは比較に関する論点だとわかります。
no later than …で「遅くとも…までに」という意味なので、文意から(C)laterが正解です。
比較に関する表現は種類が多いので苦手な方は「thanがあったら比較級を選ぶ」と決めておくのも一つの手です。

 

②比較級を強める語句
比較に関する問題では比較級を強める語も出題されています。例題1も含めて、最近では3回出題されています。

[例題3]2014経営学部理工学部(A方式)
以下の(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。【文法/語法問題】
Compared to Japan, the cost of going to driving school is (      ) less expensive in the United States.
[語句] compared to[with] A「Aと比較すると」
(訳)日本と比べて、自動車教習所に通う費用はアメリカではずっと安い。
(A) a lot of
(B) lot
(C) very
(D) far 正解
【解説】空欄に続くlesslittle比較級ですから、選択肢の中で唯一比較を強めるはたらきを持つ副詞(D)farが正解です。
much [(by) far / a lot]比較級ずっと~/はるかに~

This house is much [far] larger than mine.
(この家は私の家よりもずっと[はるかに]大きい)

[例題4]2017人文学部(心理人間学科、日本文化学科) 理工学部
以下の空欄について(A)~(D)のうちから最も適切なものを一つ選びなさい。【文法/語法問題】
This year’s judo class had (      ) participants than the teacher expected.
[語句] participant(名)参加者
(訳)今年の柔道の授業は教師が予想したよりずっと多くの参加者があった。
(A) much more
(B) so many
(C) many more 正解
(D) too many
【解説】空欄のあとにthan the teacher expectedthanがあるので、空欄には比較級が入ると推測できます。
空欄に入る語は可算名詞複数形(participants)を修飾しているので、数が多いことを表すmanyを用いた(C)many moreを選びます。
many more複数名詞than…よりずっと多くの
比較級の強調にはmuchを用いるのがふつうですが、「がずっと多い」の意では、much more ~ではなくmany more ~の形をとります。

My brother has many more T-shirts than me.
(弟は僕よりもかなり多くのTシャツを持っている)

がずっと多い」の意では「much more不可算名詞」の形になります。
I have much more money than he (does).
(私は彼よりずっとたくさんお金を持っている)


③the+比較級 ~, the+比較級 …
受験生が忘れた頃、思い出したように出題されるのがこの論点です。

the比較級 ~, the比較級 ~すればするほど、ますます…

The higher you go, the more beautiful the view becomes.
(高く上れば上るほど、ますます景色が美しくなる)

[例題5]2013人文学部(キリスト教学科・人類文化学科) 経済学部
以下の(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。【文法/語法問題】
The sooner you start studying for your exam, the (      ) .
(訳)試験勉強を早く始めれば始めるほど、それだけいいよ。
(A) good
(B) better 正解
(C) well
(D) best
【解説】The sooner, the better.「早ければそれに越したことはない」という比較級を用いた慣用表現をベースにした英文で、正解は(B)betterです。
本問のように「the+比較級」に続くSVit isの場合は省略されることがあります。
[例題6]2008人文学部(キリスト教学科・人類文化学科) 経済学部
以下の(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。【文法/語法問題】
(      ) went on, the more tired the players became.
(訳)試合が長引けば長引くほど、選手たちはますます疲れていった。
(A) The long game
(B) The longer game
(C) The longer the game 正解
(D) The longest the game
【解説】従属節の元の形は The game went on long. です。このlong副詞で形容詞ではないことに注意してください。よって正解は(B)ではなく(C)The longer the gameとなります。the gameS(主語)です。
the+比較級+SV, the+比較級+SV」のtheは冠詞ではなく副詞です。始めのtheは「~すればするほど」、後ろのtheは「それだけますます~」を表しています。

 

④比較級で最上級の意味を表す
この論点はここ数年出題されていません。過去2回の出題では「比較級than any other単数形の名詞」が扱われていました。

比較級than any other単数形名詞「ほかのどの~よりも…だ」
→比較級を用いて最上級に相当する意味を表しています

Alaska is larger than any other state in the United States.
(アラスカは合衆国のほかのどの州よりも大きい)

[例題7]2010人文学部(心理人間学科、日本文化学科)
以下の(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。【文法/語法問題】
Professor Jones is stricter than (      ) teacher in our department.
[語句] department(名)部門、学部、(大学・学部の)学科
(訳)ジョーンズ教授は私たちの学科で他のいかなる先生よりも厳しい。
(A) any other 正解
(B) other
(C) each other
(D) one another
【解説】「比較級+than any other単数名詞」で「他のどの~よりも…」という最上級の意味を表します。よって正解は(A)any otherです。
(C)each otherと(D)one anotherはともに「お互い(に)」と訳し、副詞句ではなく代名詞です。
[例題8]2008外国語学部(英米学科)・総合政策学部(A方式)
以下の(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。【文法/語法問題】
Mary likes English so much that she spend more time on it than (      ) other subject.
[語句] spend A on B「AをBに費やす」
(訳)メアリーは英語が好きなので、他のどの教科よりも英語に費やす時間が多い。
(A) no
(B) all
(C) any 正解
(D) many
【解説】例題7と同様に「比較級+than any other単数名詞」の表現の一部と考えて(C)anyを選びます。

第15講『助動詞』

助動詞も文法/語法問題ゼミで扱うかどうか迷った頻出分野です。というのも、選択肢がすべて助動詞であったとしても、正解を導くために必要な知識が助動詞のみならず、完了形仮定法時制倒置など多岐にわたっているからです。

助動詞パターンで出題された論点 2008~2018
仮定法過去(完了)の帰結節…7回
shouldを用いる仮定法…4回
助動詞+have+過去分詞…4回
時制の一致…2回
仮定法過去(完了)の条件節習慣を表すwould過去から見た未来would依頼を表すwillwouldを含む慣用表現mayを含む慣用表現倒置強調のdo譲歩のmay/might義務のshould…各1回

今回のゼミでは、助動詞に関する出題率トップ3の論点を扱います。

①仮定法過去(完了)の帰結節
もし~なら…だろうに」という仮定法の帰結節(主節)で使われる助動詞would/could/mightは、仮定法という重要論点との相性が良いせいか、最も多く出題されています。

[例題1]2016人文学部(心理人間学科・日本文化学科)
以下の(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
If Karen hadn’t been so busy on Saturday, she (      ) have joined us for the party.
(訳)カレンが土曜日にあんなに忙しくなかったら、私たちとパーティーに出られたはずなのに。
(A) can
(B) would 正解
(C) must
(D) will
【解説】選択肢はすべて助動詞です。下線部から、空欄には仮定法過去完了の帰結節に相応しい助動詞を選べば良いとわかります。
もし~なら…だろうに」という仮定法の帰結節(主節)では「~だろうに」の部分に助動詞の過去形が使われますので、正解は唯一の過去形助動詞である(B)wouldです。
[例題2]2015外国語学部(スペイン・ラテンアメリカ、フランス、ドイツ、アジア学科) 法学部
以下の(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。

I (      ) made arrangements to pick you up at the airport if you had emailed me before your trip.
(訳)出発する前にメールをくれていたら、空港へ迎えに行くよう手はずを整えていただろうに。
(A) will have
(B) have had
(C) would have 正解
(D) must have
【解説】選択肢はすべて「助動詞have/had」の形をしています。if節の内容が「過去の事実に反する仮定」であるので、主節では「助動詞の過去形have過去分詞」の形になります。よって正解は唯一の過去形助動詞を含む(C)would haveです。
[例題3]2015外国語学部(英米学科)・総合政策学部(A方式)
以下の(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
Professor Sands is angry with you for being late again. If I were you, I (      ) to class on time.
(訳)サンズ教授は君がまた遅刻したので怒っているよ。僕が君なら、時間通りに授業に行くだろうに。
(A) did come
(B) could come
(C) had come
(D) would come 正解
【解説】選択肢はすべて「過去形助動詞come」の形です。
空欄前のifIf I were you「もし、僕が君だったなら」は仮定法過去の形ですから、帰結節(主節)では「過去形助動詞[would/could/might]+動詞の原形」になるはずで、これを満たすものは(B)could come(D)would comeの2つにしぼられます。
仮定法の「~だろうに」の部分で使われる助動詞にはwould/could/mightの3種類がありますが、「~するのだが」という意味合いを出すにはwouldが適切ですので、正解は(D)would comeとなります。
ちなみにcouldを選ぶと「~できるのだが」、mightを選ぶと「~かもしれないのだが」という意味になります。


②shouldを用いた仮定法

if節で使われるshouldは「実現の可能性が低い」という話し手の判断を表します。このshouldが出題される場合は、ifが省略される場合がほとんどです。

[例題4]2016人文学部(キリスト教学科・人類文化学科) 経済学部
以下の(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
(      ) there be any problems with your reservation, please call our hotel manager.
(訳)万一、ご予約に関して問題がございましたら、当ホテル支配人までお電話ください。
(A) May
(B) Could
(C) Can
(D) Should 正解
【解説】後半が please call our hotel manager 命令文になっているので、これを帰結節と考え、前半が条件節になっていると考えます。
空欄に(D)Shouldを入れれば未来を表す仮定法の倒置形となり、意味も通ります。
(B)Couldも仮定法の帰結節で使われますが、この場合はifの省略はできないので不可です。
[例題5]2016外国語学部(英米学科)・総合政策学部(A方式)
以下の(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
(      ) you have any questions about your credit card bill, don’t hesitate to contact one of our representatives.
[語句] bill(名)請求書、勘定書 / hesitate to do「~するのをためらう」/ representative(名)担当者、代表者
(訳)クレジットカードの請求書について万が一ご質問がありましたら、遠慮せず担当者にご連絡ください。
(A) Should 正解
(B) Could
(C) Would
(D) Ought
【解説】選択肢はすべて助動詞(D)Ought以外は空欄に入れることが可能です。
文頭に助動詞が入るにも関わらずクエスチョンマークが無いこと、及び後半の don’t hesitate to contact …命令文になっていることから前半が条件節になっていると推測できます。よって(A)Shouldを選べばifを省略した仮定法となり、文脈的にも最適です。


③助動詞+have+過去分詞

この形は過去のことに関する現時点での推量や、過去の行為に対する非難や後悔を表します。

may[might] have過去分詞~したかもしれない

You may have heard this joke before.
(この冗談は前に聞いたことがあるかもしれませんね)
The keys might have fallen out of your pocket.
(鍵はあなたのポケットから落ちたのかもしれないですね)

could have過去分詞~したかもしれない

He could have left his umbrella in the shop.
(彼はその店に傘を忘れたのかもしれない)

must have過去分詞~したに違いない

He must have told me a lie.
(彼は私に嘘を言ったに違いない)

should[ought to] have過去分詞(きっと)~したはずだ/~すべきだったのに(実際はしなかった)

The game should[ought to] have started at noon.
(正午にはその試合は始まっていたはずだ)

cannot[can’t] have過去分詞~したはずがない/~だったはずがない
→「couldn’t have過去分詞」も同じ意味を表します

He cannot have accepted your plan.
(彼があなたの計画を受け入れたはずがない)
She couldn’t have noticed the difference.
(彼女がその違いに気がついたはずがない)

 should[ought to] have過去分詞~すべきだったのに(実際はしなかった)

You should have got up at seven.
(あなたは7時に起きるべきだったのに)
The clerk ought to have given you a receipt.
(その店員はあなたにレシートを渡すべきだったのに)

need not[needn’t] have過去分詞~する必要はなかったのに(実際はしてしまった)

You need not[needn’t] have bought so much meat.
(そんなにたくさんの肉を買う必要はなかったのに)

それでは実際の設問を見ていきましょう。

[例題6]2016経営学部理工学部(A方式)
以下の(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
Sara looks happy. She (      ) a really good time with Tom earlier this evening.
(訳)サラは幸せそうだ。今日の夕方早くに、トムと楽しい時を過ごしたに違いない。
(A) might have
(B) must have had 正解
(C) will have
(D) should be having
【解説】選択肢には「助動詞have」が目立ちます。
目の前にいるサラに関して過去(earlier this evening)の強い推量を働かせていますので「~したに違いない」という意味になる(B)must have hadを選びます。

(A)might have hadならば過去の弱い推量になりますが、might have現在の弱い推量になるので不可です。
 [例題7]2011経営学部理工学部(A方式)
以下の(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
I (      ) this movie before, but I’m not sure.
(訳)私は以前にこの映画を観たかもしれませんが、確信は持てません。
(A) must watch
(B) might watch
(C) should watch
(D) may have watched 正解
【解説】before以前にが使われていることに着目します。
過去の経験に関して現在時の弱い推量を表す形「may have過去分詞(~したかもしれない)」となる(D)may have watched(観たかもしれない)が最適です。
 [例題8]2010人文学部(キリスト教学科・人類文化学科) 経済学部
以下の(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
Sorry, I can’t serve you yet. You (      ) waited in line like everybody else.
(訳)すみませんが、まだあなたのお相手をできません。皆さんと同じように1列に並んで待っていればよろしかったのに。
(A) should be
(B) had better
(C) have to be
(D) ought to have 正解
【解説】空欄に続くwaitedは自動詞用法が基本で、通例受け身にはしないため(A), (C)は不適です。(B)had better助動詞で後には原形をとるため空欄には入りません。文意からも残る(D)ought to haveが最適です。