「過去問」タグアーカイブ

第3講 頻出論点③almostとmostの使い分け

今回は「almostmostの使い分け」に関する問題を解説したいと思います。
almostmost(たいていの、ほとんど)」という曖昧な知識の人は、今回の講義をきっかけに知識を整理してください。

この論点、2018年入試では、3出題されていましたが、今年(2019年)は1問も出題がありませんでした。しかし、このあと紹介する過去問を見ていただければ分かるように、10年に渡って隔年で取り上げられている論点ですので、直前に見直しておく価値はじゅうぶんあると思います。

almostは副詞、mostは名詞/形容詞
まずは基本事項を確認していきましょう。

almost []「ほとんど~

almostは「ほとんど~」という意味の程度を表す副詞です。副詞の性質から、直接名詞を修飾できません。そこで、名詞を修飾する場合はall(形容詞)を間にはさんでalmost all A almost all (ofthe[one’s] Aなどの形で用います。

almost all A「(限定されない)ほとんどのAmost A
almost all (of) the[one’s] A「(限定された特定の)Aのほとんど
most of the[one’s] A
most []「大多数のたいていの
     []「(~の)大部分ほとんど

mostには形容詞名詞の用法がありますので、以下のように使われます。

most A「(限定されない)ほとんどのA形容詞の用法
most of the[one’s] A「(限定された特定の)Aのほとんど名詞の用法

例題演習

2012 外国語学部(スペイン・ラテンアメリカ、フランス、ドイツ、アジア学科) 法学部
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
Almost (      ) Japanese people over twenty years old have a driver’s license.
(A) all
(B) of
(C) all of
(D) every
[解説] (訳)20歳以上の日本人はほとんどみな運転免許を持っている。
almost副詞なので、直後に前置詞であるofをとることはできませんから(B)は間違いです。(C)all of theの形ならば正解です。(D)every形容詞で、almost everyの形は正しいのですが、people複数扱いなので不可です(everyは単数名詞を修飾します)。よって正解は(A)allになります。
 2010 人文学部(キリスト教学科・人類文化学科) 経済学部
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
(      ) all people in Japan have mobile phones.
(A) Most
(B) Most of
(C) Almost
(D) Almost of
[解説] (訳)日本に住むほとんどすべての人は携帯電話を持っている。
(A)
Most(=形容詞)
を使う場合、allは不要で、most people in Japanとなります。(B)Most of(most=名詞)を使う場合は、most of the people in Japanとします。almost副詞で、almost of ~という直後に前置詞を置く使い方はできないので、(D)は不可です。よって正解は(C)Almostです。
2009 人文学部(心理人間学科・日本文化学科) 情報理工学部(B方式)
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
(    ) Japanese people are afraid of earthquakes.
(A) Most
(B) Most of
(C) Almost
(D) Almost of
[解説] (訳)ほとんどの日本人は地震を恐れている。
(A)Mostが正解です。その他の選択肢を正しくするには、(B)→Most of the Japanese people、(C)→Almost all Japanese people、(D)Almost all of the Japanese peopleとします。
2013人文学部(キリスト教学科・人類文化学科) 経済学部
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
(      ) cars you see here were manufactured in Germany.
(A) Most
(B) Almost
(C) Most of
(D) The most
[解説] (訳)ここにあるほとんどの車はドイツで製造されました。
(A)Most(=形容詞「ほとんどの」)が正解です。(B)Almost副詞なので、名詞であるcarsの前に置いて修飾することはできません。almost all carsと形容詞allが入ればOKです。(C)はMost of the carsという形なら正解です。(D)mostが「ほとんど」という意味で使われるとき、冠詞はつかないので不可です。
2015 外国語学部(英米学科)・総合政策学部(A方式)
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
When Professor Suzuki asked them if they wanted to watch a movie, (      ) the students raised their hands.
(A) almost
(B) all
(C) most
(D) a lot
[解説] (訳)鈴木教授が学生たちに映画を見たいかと尋ねると、全員が手を挙げた。
(A)almost副詞なので、名詞であるthe studentsの前におくことができません。形容詞allをはさんで、almost all the studentsという形ならOKです。(C)mostを使う場合は、most of the students、または、most studentsとなります。(D)はa lot of studentsという形ならOKです。
all (of) the名詞で「すべての~」という意味になるので、(B)allが正解です。
2018 人文学部(心理人間学科日本文化学科) 理工学部
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
According to scientists, pollution is now a serious problem in (      ) countries.
(A) almost
(B) most of
(C) the most
(D) most
[解説] (訳)科学者によると、公害による汚染は今や(      )国々で深刻な問題です。
almost副詞で、名詞であるcountriesを直接修飾できませんから(A)almost誤りです。almost all countriesという形ならばOKです。(B)most ofの後にはthe所有格(one’s)のつく名詞が来ますので(B)most of誤りです。形容詞most「ほとんどの」で修飾される名詞には冠詞theがつかないので、(C)the mostも誤りです。以上から、正解は「ほとんどの国々で」という意味になる(D)mostになります。
 2018 外国語学部(英米学科)・総合政策学部
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
Dr. Wilson was very happy when (      ) his students did well on the test.
(A) most
(B) almost
(C) most of
(D) at most
[解説] (訳)ウィルソン教授は教え子たちのほとんどが、テストで良い成績だったのでとても満足だった。
まず、名詞his studentsを修飾しているので副詞である(B)almostと(D)at most「せいぜい」は不可です。空欄に続くhis studentsは「所有格(one’s)名詞」という限定された形ですから(C)most ofが正解です。(A)mosthisを除いたmost students「大多数の学生」という形ならばOKです。
2018 経済学部【誤り指摘問題】
下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
I (A)have been working all day to finish my homework. (B)Although I have not finished it, (C)almost all of my work (D)were completed by now.
[解答](D)were was
(訳)私は課題を仕上げるために1日中勉強しています。まだ終えてはいませんが、もう作業のほとんどは終えました。
[解説] 主語であるall of my work「作業のほとんど」が単数扱いであるので、述語動詞も単数形wasとします。このallは「すべて(のもの[事])」という意味の代名詞ですが、「すべての人々/すべてのもの[]」という意味のときは複数扱いとなります。
下線部(C)almost all of my workalmost all (of) the[one’s] A「(限定された特定の)Aのほとんど」の形ですから、正しい表現です。

第2講 頻出論点②ifを省略した仮定法

文法頻出分野No.1『仮定法』

南山英語における文法問題の頻出分野ベスト5は仮定法/完了形/助動詞/分詞/倒置です。

中でも出題率1位の仮定法は2016年に全ての日程で出題されました。2017年、2018年は全日程を通じて1問ずつ(2017年:英米学科・総合政策学部第7問/2018年:法学部・国際教養学部第10問)、2019年には3問と、出題数こそ減りましたが、重要性は変わりません。

仮定法は完了形や助動詞・倒置(ifの省略)などと組み合わせた問題を作成しやすいことから、今後も仮定法を絡めた出題が続くのではないかと思われます。仮定法に苦手意識がある受験生は参考書の単元を読み直したり、問題集を解き直しておくと良いでしょう。
直前ゼミでは仮定法の基本問題と、差がつきやすい『ifを省略した仮定法』を2通り解説していきます。

1.仮定法『基本問題』

2018 全学統一入試 (2/7実施)
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
If I had known that the meeting had been scheduled earlier than usual, I wouldn’t (      ) late.
(訳)会議がいつもより早く計画されていたと知っていたなら、遅刻しなかったのに。
(A) have been
(B) to be
(C) had been
(D) being

下線を施したIf I had knownを見れば仮定法過去完了の文であることは一目瞭然ですが、各選択肢の特徴から出題パターンを分析すると、本問はbe動詞のさまざまな形が並ぶ動詞の形パターンであることがわかります。

[選択肢の分類]
(A) have been現在完了
(B) to be不定詞
(C) had been過去完了
(D) beinging形
b
e動詞に関する動詞の形パターン

『動詞の形』パターンでは、空欄の前後をチェックして、動詞の形を決定するキーワードを探していくのが基本的な解き方でしたね。

[動詞の形を決定するキーワードを探す]
If I had known that the meeting had been scheduled earlier than usual, I wouldn’t (      ) late.

青字の部分が仮定法過去完了のif節の形になっているので、空欄を含む主節は「助動詞の過去形+have+過去分詞」もしくは「助動詞の過去形+動詞の原形」の形になると推測できます。よって正解は(A)have beenになります。

2.ifを省略した仮定法
これはトップページでも紹介している論点で、2019年には3年ぶりに出題されました(2月9日外国語学部(フランス学科、アジア学科)/経済学部)。3年ぶりの出題ということで、書店で手に入る赤本には載っていなかったため、多くの受験生にとっては初見で戸惑ったのではないでしょうか?

ifを省略した仮定法、2016年以来の出題!!
2019 外国語学部(フランス学科、アジア学科)・経済学部 第1

(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
(      ) my plane not arrive on time, please wait for me at the baggage area.
(A) If
(B) Unless
(C) Should
(D) When

ifを省略した仮定法には3通りの表現がありますが、南山の文法/語法で繰り返し出題されているものはそのうち2通りです。
一つは『hadパターン』で、もう一つが『shouldパターン』です。
残りのWereを用いるパターンは今のところ出題がありませんので気にしなくても良いでしょう。

ifを省略した仮定法① hadパターン

2016 経営学部理工学部(A方式)
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
Had we known that the government was going to build a highway nearby, we wouldn’t (      ) here.
(A) move
(B) moved
(C) have moved
(D) had moved

入試本番で初見の場合を想定し、仮定法の問題であることを知らないという前提で解説していきます。

選択肢を見比べると、動詞moveの様々な時制[(A)原形、(B)過去形、(C)現在完了、(D)過去完了]が並んでいますので、時制パターンであることがわかります。
時制パターンであると判断したら、空欄の時制を決定するヒントを見逃さないように構文をチェックしていきます

[構文的アプローチ]問題文の文法要素をチェックして文法的な誤りを含む選択肢を除外することをいいます。

Had we known that the government was going to build a highway nearby, we wouldn’t (      ) here.

空欄前に助動詞wouldn’tがあるので 、過去形である(B)movedは文法的に選ぶことはできません。 残った選択肢の時制は以下の通りです。

[選択肢の分類]
(A) move原形
(C) have moved現在完了
(D) had moved過去完了

we wouldn’t (      ) hereのみでは時制を決定できませんので、前節を見てみます。すると、

Had we known that… (…ということを知っていたならば)
というifを省略した仮定法過去完了の条件節があることに気がつきます。
ここから、帰結節が「助動詞の過去形have過去分詞」もしくは「助動詞の過去形動詞の原形となることが推測できますので、(A)moveと(C)have movedが文法的には正しい形です。
(A)moveを選んだ場合は、現在の事実と違うと思っている事柄を表すので、その訳は

『政府が近くに高速道路を建設すると知っていたなら、ここには引っ越して来ないのに

という意味になり、条件節との内容に時間的なズレが生じてしまいます。
よって、「引っ越して来なかったのに」という過去の意味となる(C)have movedが正解になります。

ifを省略した仮定法◆
仮定法におけるifを省略すると倒置が起こり, 疑問文と同じ語順になります。この形をとるのは, were, hadおよびshouldの場合のみです。
[例] Had we known that the government was going to build a highway nearby, we wouldn’t have moved here.
(訳)政府が近くに高速道路を作る予定だと知っていたなら、ここに引っ越して来なかったのに。
 ifを補って表現すると以下のようになります。
If we had known 
that the government was going to build a highway nearby, we wouldn’t have moved here.

ifを省略した仮定法② shouldパターン
if節でshouldを用いると「実現の可能性が低い」という話者の判断を表します。

[例文①] 実現可能性が低い
If he should change his mind, he would call me.
(万一、彼が考えを変えるようなことがあれば、電話してくるだろう)

このとき、主節の動詞は過去形にならない場合や、命令文になることもあります。

[例文②] 主節が未来形になる場合
If our teacher should find out about your cheating, he will punish you.
(もし先生が君のカンニングのことを知ったら、君を罰するでしょう)

[例文③] 主節が命令文になる場合
If you should see John, ask him to call me.
(もしジョンに会うことがあったら、電話するように言ってくれ)

以上の基本事項をふまえて、例題を解説していきます。

2016 外国語学部(英米学科)総合政策学部(A方式)
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
(      ) you have any questions about your credit card bill, don’t hesitate to  contact one of our representatives.
(A) Should
(B) Could
(C) Would
(D) Ought

選択肢は全て助動詞です。助動詞は話し手の主観的な判断を表す働きをするので、助動詞の問題は『文脈』を読み取って正解を決定することが多いのですが、文法/語法問題の定石通りに、まずは構文をチェックして文法的に誤っている選択肢を除外しましょう。

[構文的アプローチ]
(      ) you have any questions about your credit card bill…

(A)Should(B)Could (C)Wouldが文頭に来る場合は文法的に正しい語順ですが、(D)の助動詞oughtto doと共に用いられ, 疑問形は「Ought you to have any questions…」とならなければならないので正解候補から除外します。残りの選択肢は文脈的アプローチで検討しましょう。

[文脈的アプローチ]
(      ) you have any questions about your credit card bill, don’t hesitate to  contact one of our representatives.
(訳)クレジットカードの請求書に関して質問がある(      )、お気兼ねなく当社の担当までご連絡ください

文頭に助動詞が入るので一見、疑問文のようですがクエスチョンマークが見当たりません。さらに後続節で、don’t hesitate to contactという禁止の命令文になっていることから、空欄を含む節が仮定法の条件節になっていると考えることができます。
ifが省略できる仮定法はwerehadshouldの3つのみなので, (A)Shouldが正解です。(B)Could、(C)Wouldは仮定法のif節では通常用いられません。

◆shouldを用いる仮定法◆
If主語should原形不定詞万一~ならば
if節で使われるshould実現の可能性が低いという話し手の判断を表し, 絶対に起こらないことの仮定には用いません。この形では帰結節に, 過去形の助動詞だけでなく, 現在形の助動詞命令形も用いられます

[例]
If you should have any questions about your credit card bill, don’t hesitate to  contact one of our representatives.
(訳)クレジットカードの請求書に関して万が一質問がある場合は, お気兼ねなく当社の担当までご連絡ください。
↓ ifを省略すると
Should you have any questions about your credit card bill, don’t hesitate to  contact one of our representatives.

もう1問、例題を解いてみましょう。

2011 経営学部情報理工学部(A方式)
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
(      ) you require any assistance, please feel free to contact the help desk.
(A) Would
(B) Unless
(C) Should
(D) Whether

本問も、まずは選択肢を見比べてみます。(A)Would(C)Should助動詞で(B)Unless、(D)Whether接続詞ですね。

[構文的アプローチ]
(      ) you require any assistance…

意味がどうなるかはともかく、(A)Would、(B)Unless、(C)Should(D)Whetherは文頭に置くことができます(厳密にはwhetherが譲歩の副詞節を導く場合は必ずor...を伴うので不可ですが、気づかないままやり過ごしても、次の文脈的アプローチで意味が通らなくなり、正解候補から除外されます)。

[文脈的アプローチ]
(      ) you require any assistance, please feel free to contact the help desk.
(訳)助けが必要(      )、お気軽にお問い合わせ窓口にご連絡ください

丁寧な表現になっていますが、後続節で命令文please feel free to contact …」が使われていることに注目してください。
このことから、前半は「もし~の場合には」という条件節になると予想できます。(C)Shouldを入れればifが省略された形の仮定法となり、意味が通ります。よって(C)Shouldが正解です。

shouldパターンの例題を2問解いてみて、何かに気付かれた方はいませんか?
実は、2016年に外国語学部(英米学科)/総合政策学部(A方式)で出題された問16は、2011年に 経営学部/情報理工学部(A方式)で出題された問4とほぼ同じ内容です。
さらに2010年、2013年にも同様の問題が出題されています。

2010 人文学部(キリスト教学科、人類文化学科)・経済学部
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
(      ) you have any questions about assignment, please do not hesitate to contact me.
(A) Should  正解
(B) Could
(C) Will
(D) Might
2013 経営学部情報理工学部(A方式)
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
(      ) wish to extend your check-out time, please contact the hotel reception desk.
(A) Would you
(B) Should you  正解
(C) Do you
(D) Could you

南山の文法/語法問題では、過去の出題と類似した問題が出題されることが多いので、出来るだけたくさんの過去問を解き、慣れておくことが大切です。最低限、今年度の赤本に載っている問題は, 他の日程のものも含め、全て解いておきましょう。

第1講 頻出論点①句動詞

直前対策ゼミということで、南山入試において特に重要な論点を、2019年度の傾向をふまえつつ、解説していきます。
第1回は句動詞について2018年に出題された問題を解説します。

文法/語法問題や空欄補充問題で特徴的なのが句動詞(群動詞)に関する設問です。句動詞とは基本動詞に前置詞や副詞などがついて1つの動詞と同じ働きをするものをいいます。中学英語で学ぶgive up(動詞give副詞up)などが典型例です。

句動詞(群動詞) = 基本動詞前置詞[副詞

この句動詞をテーマにした設問ですが、2014年以前はそれほど目立っていませんでした。しかし、2015年に4問が出題されたのをきっかけに、2016年は5問、2017年に7問、2018年は7問、2019年には13問とここ4年間は各日程必ず12問出題されていますので、2020年度も注意が必要です。

基本的な解き方は文法/語法問題ゼミ 第13講『句動詞』を参照していただくとして、本稿では2018年に出題された7問を解説していきたいと思います。

2018全学統一入試
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
17. Jason decided to (      ) taking his summer vacation because he was too busy at work.
(訳)ジェイソンは夏休みの取得を(      )することに決めました。なぜなら、仕事であまりに忙しかったからです。
(A) put down
(B) put away
(C) put in
(D) put off
[解説] 選択肢はすべて「put副詞[前置詞]」の句動詞パターンです。
意味はそれぞれ(A)put down ~「~を書き留める(=write down)」(B)put away ~「~を片づける」(C)put in ~「(要求/書類など)を提出する/~に費やす」(D)put off ~「~を延期する(=postpone)」で、文意より(D)put offが正解です。
[語句] decide to do「~することに決める」/ put off doing「~するのを延期する」/ be busy at[with]+名詞「~で忙しい」
2018外国語学部(フランス学科、アジア学科)・経済学部
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
14. Emile dropped the vase on the floor, where it (      ) many pieces.
(訳)エミールはその花瓶を床に落とし、そこで粉々に(      )。
(A) broke apart
(B) broke into
(C) broke up
(D) broke down
[解説] 選択肢はすべて「break副詞[前置詞]」の句動詞です。
意味はそれぞれ(A)break apart(自)粉々になる」(B)break into ~「壊れて~になる/~に押し入る/急に~し始める」(C)break up(自)(会議などが)終わる」(D)break down(自)(車・機械などが)故障する」です。
(A)(B)に「壊れる」という意味があり、どちらも文意に合いそうですが、空欄直後のmany piecesは前置詞intoの目的語と考えられるので、(B)broke intoが正解になります。
[語句] drop A on B「AをBに落とす」
2018人文学部(心理人間学科、日本文化学科)・理工学部
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
11. I’m going to the bank this afternoon. I’m going to ask if I can (      ) a loan to buy a house.
(訳)今日の午後、銀行に行ってきます。家を買うローンを(      )できるか尋ねてみます。
(A) take up
(B) take in
(C) take away
(D) take out
[解説] 選択肢はすべて「take副詞[前置詞]」の句動詞パターンです。
意味はそれぞれ(A)take up「~を占める/(趣味・仕事として)~を始める」(B)take in ~「~を理解する/~をだます」(C)take away ~「~を取り除く」(D)take out ~「(人)を連れ出す/(ローン)の手続きをする」で、文意より(D)take outが正解です。
[語句] take out a loan「借金をする」
2018人文学部(キリスト教学科、人類文化学科)・外国語学部(スペイン・ラテンアメリカ学科、ドイツ学科)・経営学部
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
16. These camping items don’t (      ) much room, so I think we only need one car.
(訳)これらのキャンプ道具は多くの場所を(      )ない。だから、私たちに必要なのは1台の車だけだと思います。
(A) take over
(B) take in
(C) take up
(D) take on
[解説] 選択肢はすべて「take副詞[前置詞]」の句動詞です。2018年はtakeに関する句動詞が2問出題されたことになります。
意味はそれぞれ(A)take over ~「(事業・職務など)を引き継ぐ」(B)take in ~「~を理解する/~をだます」(C)take up ~「(時間・場所など)を占める/(趣味・仕事として)~を始める」(D)take on ~「(仕事・責任など)を引き受ける/~を雇う」です。空欄後にmuch room(多くの場所)とあるので、(C)take upが正解になります。
2018法学部・国際教養学部
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
13. I have to get a new belt. This old one just doesn’t (      ) my pants properly anymore.
(訳)新しいベルトを買わなきゃ。この古いのはもうズボンを(      )できません。
(A) take up
(B) hold up
(C) pull up
(D) push up
[解説] 選択肢はすべて「基本動詞up」の句動詞です。
意味はそれぞれ(A)take up ~「(時間・場所など)を占める/(趣味・仕事として)~を始める」(B)hold up ~「~を支える/~を持ち上げる」(C)pull up ~「(車・人)を止める/(衣類)を引き上げる」(D)push up ~「(価格)を押し上げる/(数量)を増やす」です。
ベルトはズボンをpull up(引き上げる)のではなく、hold up(支える→保つ)するためのですから、(B)hold upが正解になります。
2018法学部・国際教養学部
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
15. The new shopping center may (      ) economic growth in the town.
(訳)新しいショッピングセンターはその街に経済成長を(      )だろう。
(A) bring into
(B) bring out
(C) bring about
(D) bring up
[解説] 選択肢はすべて「bring副詞[前置詞]」の句動詞です。
意味はそれぞれ、(A)bring A into B「AをBの状態に至らせる」(B)bring out ~「~を持ち出す/(本)を出版する/(製品)を発表する」(C)bring about ~「~を引き起こす/~をもたらす(=cause, lead to)」(D)bring up ~「~を育てる(=raise)」です。文意より、(C)bring aboutが正解になります。
[語句] economic growth「経済成長」
2018外国語学部(英米学科)・総合政策学部
[空欄補充問題]

以下の文章が完成するように、(A)~(D)のうちから最も適切なものを一つ選びなさい。
32. Nagele wanted everyone to be together in the same room so that they could bond more easily and work better as a team. This idea (  32  ) to be a mistake.
(訳)より親密になりやすく、チームとしてより良く働けるようにナーゲレは皆が同じ部屋に集まることを望みました。この考えは誤りであることが(      )。
(A) turned down
(B) turned over
(C) turned out
(D) turned up
[解説] この日程では文法/語法問題ではなく、空欄補充問題で句動詞の問題が出題されました。
選択肢はすべて「turn副詞[前置詞]」の句動詞パターンです。ちなみに、英米学科・総合政策学部では2017年にもturnに関する句動詞の問題が出題されています(文法/語法問題の問18)。
選択肢の意味はそれぞれ、(A)turn down ~「~を拒絶する/(音量など)を小さくする」(B)turn over ~「~をひっくり返す/(ページ)をめくる」(C)turn out (to be) ~「~であることがわかる」(D)turn up ()現れる、姿を見せる/()(音量など)を大きくする」です。空欄後のto be a mistakeより「間違いであることが分かった」という意味になる(C)turned outが正解です。
[語句] so that S can[will/may]「Sが~するために」/ bond(自)親密になる

2018年は「同じ動詞+異なる前置詞(副詞)」で選択肢が構成されたものが7問中6問を占めました。2019年にはこのタイプは1問に減少しましたが、様々なパターンの句動詞問題が13問出題されています。
2020年度の出題がどうなるかは誰にもわかりませんが、対策は変わりません。南山で過去に出題された句動詞と、お手元の文法/語法問題集に載っている句動詞をまとめて繰り返せばじゅうぶんです。
句動詞に関しては直前対策ゼミの後半で、過去に出題された頻出の動詞ごとにまとめていきたいと思います。