総合英語参考書の例文音声を活用しよう

1. 本棚で眠っている参考書を活用しよう

スポンサーリンク
この春から本格的に受験勉強を始めようとしている皆さんにお勧めしたいのは、短い英文をたくさん覚えることです。その中でも特にオススメなのは、総合英語参考書の例文を覚えていくことです丸暗記ではないです)。
皆さんは高校に入学したとき購入したフォレストやビジョンクエストといった文法書を活用していますか?うまく活用できなくて本棚の中に眠らせてはいませんか?だとしたら、とても勿体ない話です。これを活用することで、英語を読む・聞く・書く・話す力を向上させることができるのです。

2. 丸暗記しなくても大丈夫
例文の数はおよそ1000ありますが、これらを丸暗記する必要はありません。音声を活用して英語の「読む・聞く・書く・話す」力の基礎を身につけるのがここでの目標です。

3.ビジョンクエストの例文音声利用法
  

1.
基本例文集を見ながら発音を真似る

ビジョンクエストの例文音声は,
日本語空白→②英語(ゆっくり)→③英語(早い)
という順番で吹き込まれています。まずは付属の基本例文集を見ながら英語の発音を真似ながら読んでいきましょう。単語と単語のつながり、区切り、アクセントなどできるだけ音声を忠実に再現できるよう努力してください。1章終えるのに約10分ですので、30分で2、3回ぐらい繰り返します。発音の上達が実感できるようになると、音読学習が楽しくなってきます。

2. 例文集を見ないで英語の音声を繰り返す[リピーティング]
次に例文集を見ずに英文を聞き取り、声に出して英文を再現してみましょう。聞きとれない場合は基本例文集や本文に戻って、理由を考えてみます。
前後の単語がつながって1つの単語のように聞こえてしまったのか、強勢が弱くて聞こえなかったのか、音が脱落しているのか、いろいろな原因がありますが、この原因を個別につぶしていくことがリスニング力を高めてくれます。

3. 日本語音声を聞いて瞬間的に英作文をしてみる[瞬間英作文]
日本語音声が朗読されたあと、瞬間的に英文を組み立て、発声してみましょう。この練習が例文学習法のメインになります。始めのうちは構文が浮かばなかったり、時制や単複など間違ってばかりかも知れませんが、練習なので気にしなくて大丈夫です。少しずつ精度を上げていけばいいのです。間違いをおそれずこの練習を繰り返せば、あなたの文法運用力、作文力、スピーキング力の基礎は確かなものになるでしょう。


4. 『ながら学習』の時間を作ろう

瞬間英作文は携帯音楽プレーヤーがあればどこでもできます。机に座らなくてもできるので、いろんな時間を活用しましょう。私は、寝床の中で寝る前に5分(タイマーをかけて)瞬間英作文をしています。睡眠を妨げないよう音量を落とすことで敢えて聞き取りにくい状況を作り出しています。
就寝時以外では入浴時にもBluetooth対応の防水スピーカーを使ってリピーティングや瞬間英作文を行っています。さすがにシャワーを使うときは聞こえづらいですが、どうせ何もしていない時間なのだからと気楽に英語学習しています。このようなすきま時間を使って『ながら学習』時間を1日10分作れば、1か月で5時間にもなります

   

5. まとめ
フォレストやビジョンクエストといった総合英語の参考書は辞書的に使うというのが定番の使用法ですが、そこで扱われる例文は英語学習の基本となる重要なものばかりです。逆に言えば, これらの例文表現を自由自在に操ることができれば、英語の基本は大丈夫ということです。ここに紹介した学習法以外にも自分なりのアレンジを加えて, 基本例文を活用してください。『継続は力なり』です。

教科書こそが最高の音読教材

1. 音読学習に適した教材とは?
  
各社公式サイトより引用
英語学習における音読の重要性は改めて説明するまでもありませんが、教材選びは慎重に行いたいものです。最近ではネイティブによる音読CD付きの参考書も多く出版され、書店ではどれを選んでよいものか悩んでしまいます。
先輩が勧めるもの、サイトのレビューで評価の高いもの、いったいどれが音読学習に適した教材でしょうか?
今回、私が勧める教材はズバリ、高校の教科書コミュケーション英語Ⅲです。

2.教科書の音読を勧める4つの理由
理由①「分からないところはすぐに質問できる」
音読学習の教材選びで重要なことは、自分が英文の構造や内容を理解しているものを選ぶことです。この点において教科書はうってつけの教材です。文法や構文は先生が解説してくれますし、授業を聞いていれば訳も自然と頭に入ってきます。どうしても理解できない部分は先生や英語の得意な友人に質問すればよいでしょう。

理由②「信頼性が高く、高校英語の課程で習得すべき文法や構文を網羅している」
教科書を1冊作るのには膨大な時間と手間がかかっています。教科書の著作者欄を見れば、多くの大学教授や高校の先生方の労によって1冊の教科書が作られていることがわかります。英語教育のプロ達やネイティブによって何重にもチェックされた英文の信頼性は非常に高いと言えるでしょう。これは、予備校の人気講師が一人で執筆した参考書の比ではありません。
また、3年次で使用するコミュニケーションⅢの教科書は、国公立大・私立大の入試問題を研究して作られています。そのため、高校英語の課程で習得する文法や構文を網羅するべく工夫がなされた編集が行われているのです

理由③「定期試験対策になる」
定期試験は教科書が主な試験範囲ですから、当然といえば当然ですね。

理由④「音読CDが安く手に入る」
 
教科書を販売している出版社は教科書の内容を吹き込んだCDを1000円前後で販売しています。一般書店では入手できませんが, 教科書特約供給所と呼ばれる書店で注文することができます。学校で教科書を販売する機会に尋ねてみましょう。

3.デメリットはあるの?
あります。ただし、そのデメリットを理解し、補う方法を知っていれば問題ありません。
デメリット① 基礎ができていないと本文理解が難しい」
英語の苦手な受験生にとって、学校の授業レベルについていくことはなかなか難しいものです。実際、高校時代の私がそうでした。そのような場合は自分のレベルに合った英文を選びましょう。音読の目的は英語特有のリズムや文章構造を体で覚えることが第1です。コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱや高校受験レベルの長文問題集から始めても構いません。逆に、コミュケーション英語Ⅰでは中学英語も網羅しているので、英語の基礎を固めるにはうってつけです。

デメリット②「語彙レベルが南山受験レベルに足りない」
高校3年間の学習で到達する語彙レベルは約3000語と言われており、MARCHと同等の難易度である南山大学で必要とされる4000語レベルには足りません。しかし、音読の目的は語彙力を増やすことではなく、あくまでも英語を英語の語順で理解するために、英語のリズムや構造を体で覚えることです。語彙数の不足に関しては、単語帳を使えばカバーできるので問題はないでしょう。

4.まとめ
音読学習に使用する教材は, 必ずしも志望校のレベルである必要はありません。何度も繰り返しますが、音読の目的は英語を英語の語順で理解するために、英語のリズムや構造を体で覚えることです。英語に限らず、受験勉強で大切なことは、いろいろな教材に手を広げず、手近にある教材を何度も繰り返すことです。
「どうしても○○大学に合格したい」「受験に失敗したくない」という不安から情報を集め過ぎて疲れてしまう受験生が毎年たくさんいるのです。不確かな情報をネットで集める時間を使って、今日授業で習った英文を10回音読するほうが合格に近づくということを肝に銘じて音読に励んでください。


英文法/語法問題集について

1. 好みのもの/学校指定のものでOK
 
↑画像をクリックするとamazonでレビューを確認できます。
英文法/語法問題集に関して、どれを選べば良いか悩んでいる方も多いかと思います。センター試験の高得点と南山大学合格を目標にした場合について言えば「どれを選んでも大丈夫」です。
受験生に人気のあるもので代表的なものを画像に載せてみました。解説の分量、要点のまとめ方、色使いや別冊解答の有無などそれぞれ微妙に違いますが、一般的に選ばれているものの中から好みのものを選べば問題ありません。学校で指定されたものを既に持っている場合はそれを使えばいいでしょう。
理由はどの問題集を使った人の中からも南山合格者は出ていますし、どの問題集を完璧にしたとしても南山大学の文法/語法問題には対応できない問題が出題されるからです。

2.南山大学では文法/語法問題集だけでは対応できない問題が出題される
具体例を1つ挙げてみましょう。

2016 外国語学部(英米学科)・総合政策学部(A方式)
(      )内に入れるのに最も適当なものを、(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。
It’s going to rain this weekend, so let’s cancel our (      ) of downtown New York.
(訳)今週末は雨になるから、ニューヨークの町を(旅行)するのはやめにしよう。
(A) trip
(B) travel
(C) journey
(D) tour

手元に問題集がある方は類似の問題が載っていないか探してみてください。私の手元にある『スクランブル英文法・語法3rd Edition』の索引で調べてみましたが、類似問題は載っていませんでした。
この問題は名詞の語法を問う問題で、選択肢の中で唯一「名詞+of 場所」という形で使われる (D)tourが正解になります。

(A)trip, (B)travel, (C)journey, (D)tourはいずれも『旅行』という意味を持ちますが、そのことだけを知っていてもこの問題は解けません。つまりターゲット1900システム英単語に載っている難しい英単語まで完璧に仕上げ、ネクステVintageを10回繰り返しても、基本単語だけで作問されたこの問題には対応できないのです。

3.受験英語の最大公約数
文法/語法問題集は中堅以上の大学で出題される問題を集めた最大公約数的なものと思ってください。そこに載っている問題と類似の問題が本番で出題された場合、すべての受験生が知っているので解けても差はつけられません。逆に、間違えた場合はライバルに差をつけられてしまいます。また最大公約数であるがゆえ、何度も繰り返し解いたにも関わらず、未知の問題が出たならば、それは他の受験生にとっても未知であると考えることができるので捨てても大丈夫という判断が可能になるのです。

4.まとめ

↑画像をクリックするとamazonでレビューを確認できます。
文法/語法問題集はどれを選んでも大丈夫です。1冊を完璧に仕上げれば、文法/語法問題で差をつけられることはないでしょう。
問題集の知識で対応できない問題は、過去問を細かく潰していくことで少しずつ対応できるようになりますが、それは夏休み以降で大丈夫です。この手の問題集を夏休み前までに1冊仕上げておけば余裕を持って南山対策に移行できます 。


2014総合政策学部2月13日実施

以下の56~60の各文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。

[56] A study was recently conducted (A)that involved 699 drivers who owned cell phones and (B)had been in traffic accidents.  Researchers got (C)permit to examine each driver’s cell phone to see if it (D)was being used at the time of their accident.
56 [解答] (C)誤permit topermission to
(訳)携帯電話を所有していて、交通事故を起こしたことのある699人のドライバーを対象にした研究が最近なされた。研究者たちは、事故の時に携帯電話が使われていたかどうかを調べるために各々のドライバーの携帯電話を調べる許可を得た。
本問では、動詞gotpermitという動詞が続いている下線(C)permit toが誤りです。「~する許可を得る」という表現は、名詞permissionを用いて get permission to doです。
[語句] study(名)研究 / conduct(他)(実験・調査など)を行う / involve(他)(人)を[議論/事件などに]巻き込む
[57] (A)Although pain in his foot, Tony (B)continued playing football.  It wasn’t (C)until after the match that he discovered he had (D)broken two toes.
57 [解答] (A)誤AlthoughDespite[In spite of]
(訳)足の痛みにかかわらず、トニーはフットボールをし続けた。彼が両足のつま先を骨折していたのを知ったのは、試合の後になってからだった。
本問は文法/語法問題ゼミの第2講『前置詞vs接続詞vs副詞』を理解している方ならば即答できたことでしょう。
Although接続詞なので節と節をつなぐはたらきをします。よって、AlthoughのあとにはS(主語)・V(述語)をともなった節が続くはずですが、本問ではpain in his foot(足の痛み)という名詞句になっています。よって、名詞をつなぐはたらきの前置詞despite[もしくはin spite of]に置き換えれば正しい表現となります。
下線部(C)では前置詞untilのあとに前置詞afterが続いていますが、これは二重前置詞といって、後の前置詞が導く句が前の前置詞の目的語となっています。[例] from under the table「テーブルの下から」
[58] When we (A)got to the restaurant, Midori (B)complained that she (C)was waiting for us for 30 minutes.  However, it turns out she had arrived too early (D)by mistake.
58 [解答] (C)誤was waitinghad been waiting
(訳)われわれがレストランに着いたとき、ミドリは30分間われわれを待っていたのよ、と不平を言った。しかし、彼女が誤ってあまりに早く到着していたことが判明した。
過去進行形は、過去の「ある時にしている最中であった動作を表すので、文脈上「過去のある時」が明らかになっている必要があります。
本問ではfor 30 minutes(30分間)と動作の行われた時間に幅があるため「私たちがレストランに着くまで30分間待ち続けた」という意味になるよう過去完了進行形にすれば文意に沿った表現となります。
[語句] get to A「A(場所)に到着する」turn out that節「~であることがわかる」by mistake「誤って、間違って」
[59] A recent survey (A)has shown that 60% of women (B)are determined to keep (C)working even if they (D)get marriage.
59 [解答] (D)誤get marriageget married
(訳)最近の調査では、女性の60パーセントが、たとえ彼女らが結婚しても働き続ける決心であることがわかった。
結婚」に関する表現は受験英語の頻出事項です。動詞marry他動詞marry A to Bで「AをBと結婚させる」という語法になります。
これを受動態化したものがA is married to B「AはBと結婚している」で、be動詞の代わりにgetを用いて『動作』を強調した表現がA gets married to B「AはBと結婚する」という表現です。
本問では本来、marriedとなるべきところがmarriage「結婚」という名詞になっているので下線(D)が誤りです。
[語句] determine A to do「A(人)に~することを決心させる」⇒A is determined to do「Aは~しようと決心している」
[60] A:  I’ve been (A)calling you all day.  Why (B)didn’t you answer?
B:  I’m so sorry.  I (C)left my phone here, at home.  I (D)should put it in my bag this morning!
60 [解答] (D)誤shouldshould have
(訳)A「一日中あなたに電話をしていました。なぜ出なかったのですか?」
B「ごめんなさい。電話をここ、自宅に置いたままだったんです。今朝、バッグに入れておくべきでした!」
助動詞shouldは「~すべき」という意味ですから、I (D)should put it in my bag this morning!は「私は今朝、それ(電話)をバッグに入れておくべきです!」という意味になって文脈に合いません。
「バッグに入れておくべきだったのに!(実際はそうしなかった)」という意味にするにはshould haveとします。
[語句] should have done「~すべきだったのに/~したはずだ」

2014法学部2月12日実施

以下の52~56の各文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから一つ選びなさい。

[52] Consumers (A)are becoming more aware of (B)the need for a healthy diet.  Supermarkets now sell more (C)naturally-grown produce, especially vegetables that (D)have produced without chemicals.
52 [解答] (D)誤have producedhave been produced
(訳)消費者は健康な食事の必要性にいっそう気づきつつあります。スーパーマーケットは目下、自然栽培された農産物、とりわけ化学物質を使わずに作られた野菜を売ることが増えています。
下線部(D)は頻出論点である完了形ですから、まずはここを詳しく検討する方針で解いていきます。
下線部(D)直前のthatは主格の関係代名詞で、先行詞はvegetablesです。vegetablesは他動詞producedの影響が及ぼされる側ですから、これを
受動態とすれば正しい表現となります。
[53] (A)As much as 8.5 million people visit the Louvre art museum each year.  A large (B)majority of these tourists (C)go to see the famous Mona Lisa painting and are (D)charmed by her smile.
53 [解答] (A)誤As much asAs many as
(訳)850万人もの人が毎年ルーブル美術館を訪れます。これらの観光客の大多数は、かの有名なモナリザの絵を見に行き、その微笑に魅了されます。
本問では下線部(A),(B)に頻出論点である数量表現が登場しています。
集合名詞であるpeople「人々」は複数扱いの名詞です。peopleは不可算名詞ではないので(A)As much asではなく、As many asとすれば正しい表現になります。
[語句] charm(他)~を魅了する
[54] (A)Even the most advanced (B)learner of English (C)can find it difficult (D)to speak a presentation.
54 [解答] (D)誤to speakto give
(訳)たとえ英語学習の上級者でも、プレゼンテーションを行うことは難しいと気づくことがあります。
本問はコロケーションの問題です。日本語で「プレゼンする」と言う場合は、give[make] a presentationと言います。他動詞用法のspeakが取る目的語は「言語、意見、事実」などです。
[55] Harriet has recently (A)opened a store that (B)selling children’s clothing, much of (C)which she made with (D)the help of her friends.
55 [解答] (B)誤sellingsells
(訳)ハリエットは最近、子供服を売る店を開いたが、その大部分は彼女が友人の助けを借りて作ったものである。
本問での主要な論点は関係詞で、文中2か所で使われています。
下線(B)直前のthatは主格の関係代名詞で、先行詞はa storeです。that以下がになるためには、sellingを先行詞に合わせてsellsとします。
もう一つは下線(C)と直前のmuch of (C)whichで、こちらは非制限用法の関係代名詞です。
[語句] with the help[aid] of A「Aの助けを借りて」⇒by the help…でないことに注意!!
[56] I (A)couldn’t have passed the driving test without your help.  Let me (B)take you out dinner tonight.  Would you like (C)trying the Indian restaurant which (D)recently opened?
56 [解答] (C)誤tryingto try
(訳)あなたの助けがなければ、運転免許試験に合格できなかったでしょう。今晩、夕食にお連れしたいのです。最近、開店したインド料理の店はいかがですか
本問では頻出論点が2項目含まれています。
まず、下線部(A)の完了形without(~がなければ)を用いた仮定法過去完了の文で正しい表現です。
次は不定詞vs動名詞の論点です。(C)trying直前の動詞like不定詞と動名詞のどちらをとっても意味がほとんど変わらない動詞ですが、「勧誘/提案」を表すWould you like …?ではlike to doという形でしか使われませんのでtryingとなっている部分をto tryとすれば正しい勧誘の表現となります。