「誤り指摘問題」タグアーカイブ

(6)時制

頻出論点(6)時制
頻出論点(2)で取り上げた「完了形」と若干重複する分野ですが、下線部の時制に誤りが含まれていた問題が2019年には25問中、7問出題されていました。

この「時制」と、次回解説する主述の一致は英作文を行う際の重要なルールです。ここから、誤り指摘問題は採点上の制約から実施困難な和文英訳(英作文)問題の代替として出題されていると推測できます。

1.まずは時制を表す語がないかチェックしよう

[例題1]2019人文学部(心理人間学科、日本文化学科)・理工学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
Last year, the Japanese government (A)is finally starting to change the high school English curriculum, (B)hoping that the new program (C)will produce students (D)who have a high level of English.

本問では、すべての下線部に動詞が含まれており、「時制」を解説するにはうってつけの例題と言えます。
時制があっているか確認する場合、まず時制を表す語がないかをチェックしましょう。

時制を表す語句
1.過去yesterday(昨日)/last year[month](昨年[先月])/~ago(~前に)/whenS V(過去形)(~した時)/just now(たった今)
2.現在完了for ~(~の間)/since ~(~以来)/already(すでに)/ever(かつて)
3.未来完了by next week[month](来週[月]までに)
例題1 [解答] (A)is finally startingfinally started
(訳)昨年、日本政府はついに高校英語のカリキュラム改訂を始めたが、これは新しいプログラムが英語能力の高い水準の学生を生み出すことを望んでいる。
[解説] 本問では全ての下線部分に動詞が含まれています。(A)では現在進行形(C)では未来形(D)では現在形と、異なる時制が扱われているので時制に関するキーワードに注意しながら英文を検討しましょう。
すると、さっそく文頭にLast year(昨年)という過去を表す語が登場しています。
[下線部
(A)を検討する]
Last year, the Japanese government (A)is finally starting to change the high school English curriculum…
(訳)昨年日本政府はついに高校英語のカリキュラム改訂を始めつつある
Last year(昨年)のことを述べるはずの文で、現在進行形(is finally starting)が使われているので、ここが誤りです。正しくは過去形にします(→finally started)。
下線部(B)のhopingは分詞構文で正しい形です。
他動詞hopeは目的語となるthat節内で現在時制/未来時制が使用可能なので下線部(C)も正しい形です。
下線部(D)のwhoは主格の関係代名詞で先行詞がstudents(複数)なので、動詞はhaveで合っています。
[例題2]2019人文学部(キリスト教学科、人類文化学科)・経営学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
Saori (A)has lived abroad when she was a child. (B)While there, she met Megan who became one of her best friends. They (C)have known each other (D)ever since.
例題2 [解答] (A)has livedlived
(訳)サオリは子供の頃、海外に住んでいました。そこで彼女は親友の1人になるメーガンに出会いました。それ以来、彼らは知り合いです。
[解説] 本問は時制というより完了形論点で、下線部(A)(C)が該当します。時制論点以外の、(B)While (she was) there(D)ever sinceは細かい論点で、うろ覚えの人も多いかもしれませんが、頻出の論点である時制(完了形)を理解していれば正解を導くことができます。
本問では下線部(A)has lived abroadのあとに過去の時を表す副詞節when she was a childとあるので、現在完了has lived→過去時制livedと訂正します。

2.文法知識で判断する

[例題3] 2019総合政策学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
Jason (A)is belonging to the basketball club. He practices once (B)every two or three days at school and also (C)does weight training at home to get stronger. Next week he (D)will participate in his first game.

本問では下線部に現在時制[(A)(C)]未来時制[(D)]が登場していますが、中でも(A)is belonging to進行形になっています。このbelongは受験英語で頻出の動詞でbelong to Aで「(人が)A[団体/組織など]に所属している」という状態を表します。

例題3 [解答] (A) is belonging to belongs to
(訳)ジェイソンはバスケ部に所属している。彼は2,3日に1度学校で練習して、さらに強くなるために家でもウェイトトレーニングをしている。来週、初めての試合に参加する予定だ。
[解説] 文法/語法問題や空欄補充、誤り指摘問題でbelongが登場したら思いだして欲しい論点が2つあります。
belong自動詞なので「~に所属する」という場合は、前置詞toを伴う
belongは「所属している」という状態を表しているので進行形にはならない
本問は②の文法知識を思い出せれば、問題文を最後まで読まなくても解ける問題でした。ちなみに下線部(D)は文頭に時制(未来)を表す語Next week(来週)があるので、未来形でOKです。

3.前後の文脈から時制を判断する
時制を表す語句や、時制に関する文法事項が見つからない場合は前後の文脈から時制の適否を判断します。

[例題4] 2018人文学部(キリスト教学科、人類文化学科)・経営学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
Bill (A)ought to arrive in Nagoya (B)by now. He (C)took the Nozomi bullet train (D)which departed from Tokyo at six o’clock.
例題4 [解答] (A) ought to arrive ought to have arrive
(訳)ビルは今頃、名古屋に着いているはずだ。東京を6時に出発したのぞみ号に乗ったんだから。
[解説] 本問では下線部(B)を除いて動詞を含んでいます。なんとなく怪しい(A)ought to arrive助動詞(ought to do)、(D)which departed from関係詞(which)もしくは語法(depart from ~)に誤りが含まれていそうです。誤りが時制とは限りませんが、これらに留意しながら検討していきましょう。
[第1文]
Bill (A)ought to arrive in Nagoya (B)by now.
助動詞ought to doは「~すべき」、by nowは「今頃は」という意味ですから、「ビルは今頃、名古屋に到着すべきである」というちょっと意味不明な意味になります。
[第2文]
He (C)took the Nozomi bullet train (D)which departed from Tokyo at six o’clock.彼は6時に東京を出発したのぞみ号に乗りました
take
乗物で「~に乗って行く」という意味です。下線部(D)whichは主格の関係代名詞で先行詞が(the Nozomi bullet train)ですから正しい用法です。さらに「~から出発する」という用法でdepartは助詞fromを用いるので(D)に誤りはなさそうです。
始発に近い新幹線に乗ったのだから、「到着すべき」というより「(もう)到着しているはず」と表現するべきでしょう。よって、誤りは(A)ought to have arriveとすれば「到着しているはずだ」という意味になります。

類題

[問題1]2019人文学部(心理人間学科、日本文化学科)・理工学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
A: Are you (A)done with the math assignment? It looks (B)difficult to me.
B: No, I’m not, but I (C)have finished it by next Monday. (D)Why don’t we work together?
問題1 [解答] (C)have finishedwill have finished
(訳)A: 数学の課題は終わった?私には難しそうです。
B: ううん、私もです。でも、次の月曜日までには終えるつもりです。いっしょにやりませんか?

[解説] 始めに、下線部(A)のdoneは叙述用法の形容詞で「終わった、済んだ」という意味で正しい用法です。
下線部(B)difficult to me はちょっと細かい論点で、It is difficult …と言う場合は前置詞forがきますが、本問ではIt looksなのでto meで正解です。これは知らなくても合否に大きく影響しません。
本問では、下線部(C)have finished(現在完了)時制の論点になっていますが、直後にby next Monday(次の月曜日までに)という未来の期限を表す語があるので、未来完了とし、will have finishedするのが正解です。
[問題2]2018人文学部(心理人間学科、日本文化学科)・理工学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
A: It took Jane six hours (A)to drive back from Kobe.
B: (B)That long? She (C)must be exhausted (D)by the time she got home.
問題2 [解答] (C)must bemust have been
(訳)A: ジェーンは神戸から車で帰って来るのに6時間かかりました。
B: そんなに長く?帰宅したときまでには疲れ切っていたに違いないね。

[解説] by the timeSVで「SがVするまで」という意味なので、(D)by the time she got homeという節は過去のことを表しています。
よって主節も過去形とするのが自然なので、must be(現在形)→must have been(過去形)と訂正します。
[語句] must have+過去分詞「~したに違いない」
[問題3] 2009法学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
Tom pretended not (A)to see us and passed (B)by without (C)speaking, so I thought he (D)is angry with me.
問題3 [解答] (D) iswas
(訳)トムは私たちを見ないふりをして、何も話さずに通り過ぎました。それで、私は彼が私に対して腹を立てているのだと考えました。
[解説] 本問は「2.文法知識で判断する」パターンです。文後半にある下線部(D)は時制の一致によりiswasとします。
[語句] pass by「通り過ぎる」/ without doing「~しないで」
[問題4] 2016人文学部(キリスト教学科、人類文化学科)・経済学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
Ireland was the first nation (A)to pass a law intended to (B)have reduced the use of plastic bags. In 2002, (C)all plastic grocery bags had a tax (D)imposed on them.
問題4 [解答] (B) have reduced reduce
(訳)アイルランドはプラスチックで作られた袋の使用を減らすことを目的とした法案を通過させた最初の国です。2002年、すべてのレジ袋が課税されました。
[解説] 本問では(A), (B)の下線部はto不定詞に施されています((B)ではtoに下線が引かれていません)。同じ文法事項の箇所に下線が引かれているときは、そこを重点的に検討する必要があります。
[第1文]
原文のとおりに直訳してみます。
Ireland was the first nation (A)to pass a law intended to (B)have reduced the use of plastic bags.
「アイルランドはプラスチックバッグ類の使用を(B)減らしたことを意図する法案を(A)通過させた最初の国です」
完了形不定詞(to have+過去分詞)は「~したこと」という意味を表すので、これから起きることに言及する「~を意図する」という文脈では不適です。よって、have reducedreduceと直せば正しい形になります。

(3)不定詞vs動名詞

頻出論点(3)不定詞(to do)vs動名詞(doing)
他動詞の中にはto不定詞だけを目的語にとるもの動名詞だけを目的語にとるものがあります。

例えば、decide, hopeなどは不定詞だけを目的語にとり、enjoy, considerなどは動名詞だけを目的語にとり、forget, rememberなどは目的語に不定詞をとるときと、動名詞をとるときで意味が異なります。

また、慣用表現の中にはlook forward to doing(~するのを楽しみに待つ)be used  to doing(~することに慣れている)のように、前置詞toのあとに動名詞(または名詞)がくるものがあり、to do/doing混同しやすいものがあります。

to dodoingの使い分けをテーマにした設問は、文法/語法問題に限らず、空欄補充問題や誤り指摘問題でも繰り返し出題されています。

この不定詞vs動名詞パターン、2018/19年での出題はありませんでしたが、2014~17年の4年間に7出題されている頻出論点ですので「動詞+to不定詞」「動詞+doing」に下線が引かれていたら優先的にチェックする習慣をつけましょう。

不定詞vs動名詞の典型パターン
1.動詞+to do/doing

[例題1] 2015総合政策学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
Make sure that you (A)fill out the application form and submit it (B)by Monday morning.  If you (C)fail doing so, you (D)will not be able to get a parking permit.
(訳)月曜日の朝までに確実に申込み用紙に記入して提出してください。そうしないと、駐車許可証がもらえません。

本問では下線部(C)が動詞doingの形です。

If you (C)fail doing so, you will not be able to get a parking permit.
(そうすることを忘れた場合、駐車許可証がもらえません)

failには自動詞/他動詞の用法がありますが、他動詞の用法では不定詞だけを目的語にとる動詞です。この知識が本問では正解を導くカギになります。

fail to do「~できない/~し損なう」
[例] He failed to keep his promise.
     (彼は約束を守らなかった)

よって下線部(C)は誤りで
fail doingfail to do
とします。

[訂正後]
If you fail to do so, you will not be able to get a parking permit.
(そうしないと、駐車許可証がもらえません)

2.「to+動名詞を用いた慣用表現

[例題2] 2015法学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
At Bob’s company, the employees (A)are used to work long hours, sometimes (B)even past midnight. (C)At the same time, they are rewarded (D)for their hard work by receiving extra pay, so no one complains.
(訳)ボブの会社では、従業員は長時間労働に馴れているが、それは時には夜中を過ぎることもある。同時に、彼らは手当を受け取ることできつい仕事に対する報酬を受けているので不満を言うものはいない。

本問では下線部(A)の中に動詞+to不定詞の形がありますが、よく見るとbe used to doという表現になっています。

ここでusedに関連する表現を整理しておきましょう。

be used to doing[名詞]「~に慣れている」
used形容詞
used to do「以前はよく~したものだ」
used toが一つの助動詞
be used to do「~するのに使われる」
受動態+to不定詞の副詞用法

以上の知識を元に下線部(A)を含む文を和訳してみます。

At Bob’s company, the employees (A)are used to work long hours …
(ボブの会社では、従業員は長時間働くために使用されている)

これでは意味が通じないので
to workworking
とすると、

[訂正後]
At Bob’s company, the employees are used to working long hours …

(ボブの会社では、従業員は長時間働くことに馴れている)

となり、後ろの文脈と意味が通じます。

このようにto+動名詞を含む慣用表現も狙われるので、文法/語法問題集に出てくるものはきっちり覚えておきましょう。


3.目的語が不定詞と動名詞で意味が異なる他動詞

他動詞には目的語が不定詞と動名詞をとるときで、意味が異なるものがあります。代表的なものには、forget/remember/regret/tryなどがあります。
このような場合は文脈からの判断が必要になります。

[例題3] 2015法学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
A: Did I happen (A)to lend the new Mr. Children CD to you? I can’t find it.
B: I’m (B)not sure, but I don’t remember (C)to listen to their new album. Maybe you lent it to (D)somebody else.
A「Mr. Childrenの新しいCDを君に貸したかな?見当たらないんだ」
B「わからないけど、彼らの新しいアルバムを聴くことを覚えておきません。たぶん、他の誰かに貸したんじゃないかな?」

本問では(A), (C)2箇所のto不定詞に下線が施されています。4箇所のうちの2つがto不定詞ですので不定詞vs動名詞パターンの匂いが濃厚ですね

それでは下線部(A)から検討していきましょう。
直前のhappenは自動詞でhappen to doで「たまたま~する」という意味です。

Did I happen (A)to lend the new Mr. Children CD to you?
(Mr. Childrenの新しいCDを君に貸したかな?)

happen doingという形はできないので、下線部(A)は正しい表現です。次に、下線部(C)を含む文を見てみましょう。

… I don’t remember (C)to listen to their new album.
(彼らの新しいアルバムを聴くことを覚えておきません)
又は(彼らの新しいアルバムを忘れずに聴きません)

日本語訳が不自然なことに気が付いたでしょうか?

下線部(C)直前の他動詞rememberは目的語にto不定詞をとる場合と、動名詞をとる場合で意味が異なる頻出の重要単語です。

remember to do「忘れずに~する/~することを覚えておく」
remember doing「~したことを覚えている」

rememberが設問に絡んでいることに気づいた時点で、この論点が怪しいと感じるようになりたいものです。

前後の文脈からB君は「聴いた覚えがない」とするのが自然なので下線部(C)はto listenlisteningとします。

[訂正後]
… I don’t remember listening to their new album.
(彼らの新しいアルバムを聴いた覚えがないなあ)

rememberは不定詞/動名詞のどちらも目的語にとることができる他動詞ですが、意味と用法が異なるので文脈から判断することが必要になります。

類題

[問題1] 2014法学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
I (A)couldn’t have passed the driving test without your help. Let me (B)take you out for dinner tonight. Would you like (C)trying the Indian restaurant which (D)recently opened

本問では頻出の論点が2つ登場しています。1つは下線部(A)の完了形で、もう1つが下線部(C)の動詞+動名詞です。

下線部(A)に関しては、without(~がなければ)を用いた仮定法過去完了の文で正しい表現です。

I (A)couldn’t have passed the driving test without your help.
(あなたの助けがなければ、運転免許試験に合格できなかったでしょう)

次に下線部(C)を含む文を検討しましょう。

Would you like (C)trying the Indian restaurant which recently opened?
(最近開店したインド料理の店はいかがですか)

trying直前の動詞liketo不定詞と動名詞のどちらをとっても意味がほとんど変わらない動詞ですが、ここでは視野を広げてみましょう。するとWould you like…?という会話表現が目に入ります。

Would you like to do?「~しませんか」
[例] Would you like to go to the movies?(映画に行きませんか)

この表現ではlike to doという形でしか使われませんので、下線部(C)は誤りで、
tryingto try
とします。

[訂正後]
Would you like to try the Indian restaurant which recently opened?
(最近開店したインド料理の店はいかがですか)

Would you like to do?と同じ提案/勧誘の表現で気をつけたいのが次の表現です。こちらはto doingという形であるので、前者と区別して覚えておいてください。

What do you say to doing [名詞]?「~しませんか」
[例] What do you say to going for a drive?(ドライブはいかがですか)

 

[問題2] 2017経済学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。

I don’t remember (A)when we have to (B)hand in the assignment to our English teacher. I forgot (C)writing down the due date, so I will (D)go and ask her.

本問は2015年に法学部で出題された問題(例題3)と同じ論点の問題です。
設問を見て、最も気になるのがforgotに続く(C)writingです。 forget to do/doingの区別は誤り指摘問題に限らず、文法/語法問題でも重要なので違いを整理しておきましょう。

forget to do「~し忘れる」
forget doing「~したことを忘れる」

それでは問題文をもう一度見てみましょう。

I don’t remember (A)when we have to (B)hand in the assignment to our English teacher. I forgot (C)writing down the due date, so I will (D)go and ask her.
(訳)私は英語の先生に宿題をいつ提出するべきか覚えていません。提出期日を書き留めたことを忘れてしまったので、先生のところに尋ねに行くつもりです。

forget to do/doingの意味の違いに注意しながら I forgot writing down を和訳すると「書き留めたこと(自体)を忘れた」という意味になります。
提出期日を忘れた(=forgot the due date)」のではないことに注意してください。

so I will go and ask her (先生のところに(提出期日を)尋ねに行くつもりです) と言っているので、書き留めるのを忘れたと考えるのが自然です。よって下線部(C)を改めて、
writingto write
とします。

[訂正後]
I don’t remember when we have to hand in the assignment to our English teacher. I forgot to write down the due date, so I will go and ask her.
(訳)私は英語の先生に宿題をいつ提出するべきか覚えていません。提出期日を書き留めるのを忘れてしまったので、先生のところに尋ねに行くつもりです。

[問題3] 2017人文学部(心理人間学科・日本文化学科)・理工学部
以下の文の下線を付けた語(句)のうち、一つが誤りです。その誤りを(A)~(D)のうちから選びなさい。
A group of elementary school students (A)were invited to sit in special seats at the high school baseball tournament (B)last spring. The children enjoyed (C)to watch the games (D)played by the high school students.
問題3 [解説](C)to watch→正watching
(訳)昨年の春、高校野球の特別席に座るよう小学生グループが招待された。子どもたちは高校生によって行われる試合を見て楽しんだ。

下線部(C)直前のenjoy動名詞だけを目的語にとる動詞の代表ですので不定詞to watchを目的語にとることはできません。
なお、下線部(A)も受動態で要注意の分野ですが、時制(were=過去形)、(集合名詞groupは複数扱い可)、語法(invite A to do)すべて正しい用法です。